Lecture.01

固体電解質電池 <1> 固体電解質電池 <1>

永久埋め込み型の人工腎臓(じんこうじんぞう)の電源として活躍します。

Lecture.02

固体電解質電池 <2> 固体電解質電池 <2>

電池の材料に水分を使わないので、過酷(かこく)な温度変化に耐えられます。

Lecture.03

バイオ電池 バイオ電池

血液中のブドウ糖を使って電気を起こすので、医療分野で期待されています。

Lecture.04

海水電池 海水電池

海水を利用して電気を起こすので、クリーンで経済的なエネルギーとして期待されています。

Lecture.05

紙電池 紙電池

紙のように薄く、自由自在に加工できる電池です。

Lecture.06

温度電池 温度電池

温度の変化を利用して電気を起こし充電する、環境にやさしい電池です。

Lecture.07

超ミクロ電池 超ミクロ電池

超小型なのでどんな小さなものにも使え、さまざまな分野で期待されています。

Lecture.08

プラスチック電池 プラスチック電池

プラスチックそのものが電池となるので、電池ケースが不要で形に制限がありません。

Lecture.09

25年電池 25年電池

25年もの長い間置きっぱなしにしていても、必要なときに使える電池です。

Lecture.10

服電池 服電池

服そのものが太陽電池になっており、便利で環境にもやさしい電池です。