Lecture.01

原理の発見 原理の発見

1780年、イタリアの生物学者ガルバーニという人が、カエルの足の神経に2種類の金属をふれさせると電流が流れ、足の筋肉がピクピク動くのを発見した。これが電池の原理の始まりといわれています。

世界最古・つぼ型電池 「バグダッド電池」
イラクの首都バグダッド郊外(こうがい)のホイヤットラブヤ遺跡から発掘された「つぼ型電池」。約2,000年以上前のもので、電気をおこすため(電池)ではなく、金銀のメッキのために使われていたものと考えられています。電圧は1.5~2ボルト、電解液が何でできているのかは、はっきりとわかっていませんが、酢やブドウ酒などが使われたものと想像されます。

Lecture.02

ボルタ、電池を発見 ボルタ、電池を発見

銅と亜鉛を電解液となる希硫酸や食塩水などに入れると、銅は原子がほとんど溶けず反対に亜鉛は原子が溶け出して電子が出ます。 そのため銅は(+)極に亜鉛は(-)極となり、この2つを導線でつなぐと銅から亜鉛に電気が流れる。これが現在の化学電池の原型、ボルタ電池です。発明したのは、イタリア人のボルタという人。だから「ボルタ電池」と呼ばれています。1800年のことです。

Lecture.03

ルクランシェ電池と乾いた電池 ルクランシェ電池と乾いた電池

さらに1868年、フランス人のルクランシェという人が「ルクランシェ電池」を発明しました。これは現在の乾電池の母体となるものでしたが、塩化アンモニウム溶液がこぼれたりして不便なところがありました。 1888年、ドイツ人ガスナーは、液がこぼれない電池を発明しました。水分はあってもこぼれないことから、ガスナーの発明は「乾いた電池」(=乾電池)と呼ばれています。その3年前の1885年、日本人の屋井先蔵という人も独自に乾電池を作っています。

電池の歴史

年代

化学技術の歴史/日本の歴史

1760年~

イギリスで産業革命が始まる

1765年

ワット(英)、蒸気機関を発明

ガルバーニ(伊)、電池の原理を発見

1780年

ボルタ(伊)、電池を発明

1800年

1825年

スティーブンソンの蒸気機関車走る

ガストン・プランテ<仏>、
鉛蓄電池(なまりちくでんち)を発明を追加。

1859年

ルクランシェ(仏)
現在の乾電池の原形を発明

1868年

明治維新

1872年

新橋~横浜間に鉄道開通

屋井先蔵、乾電池を発明

1885年

ガスナー(独)、
ヘレセンス(デンマーク) 乾電池を発明

1888年

ユングナー(スウェーデン)、
ニッケル・カドミウム蓄電池を発明

1899年

エジソン(米)、
ニッケル・鉄蓄電池を発明

1900年

1903年

ライト兄弟(米)飛行機による
持続飛行に成功

1925年

日本でラジオ放送が開始される

1941年

第二次世界大戦、始まる

1945年

第二次世界大戦、終わる

1953年

NHKがテレビ本放送を開始

水銀電池の国内生産開始

1955年

日本で初のトランジスタラジオ発売

1957年

ソ連、人工衛星の打ち上げ成功

1958年頃

第一次家庭電化ブームが起こる

アルカリ乾電池の国内生産開始
ニカド電池の国内生産開始
高性能乾電池の国内生産開始

1964年

東京オリンピック開催

小形シール鉛蓄電池を開発

1967年

超高性能乾電池の国内生産開始

1969年

米国、人類初の月面着陸に成功

1970年

日本万国博覧会が開かれる

リチウム一次電池
<フッ化黒鉛(こくえん)BR系>を開発

1971年

酸化銀電池・リチウム一次電池の
国内生産開始

1976年

アルカリボタン電池の国内生産開始

1977年

空気亜鉛電池の国内生産開始

1985年

つくば科学万博が開かれる

工業会で「電池の日」制定

1986年

1988年

瀬戸大橋、青函トンネル開通

ニッケル水素電池、開発される

1989年

マンガン乾電池水銀0使用化
ニカド電池にリサイクルマーク表示

1991年

再生資源の利用促進法公布

アルカリ乾電池水銀0使用化
リチウムイオン電池開発

1992年

使用推奨期限を表示

1993年

国内メーカー、水銀電池の生産中止

1995年

小形二次電池の回収開始
電池工業会で「電池月間」始まる
(11月11日~12月12日まで)

1997年