BYODソリューション
VMware AirWatch

BYODをあきらめていたお客様へ


「使いなれた個人のスマホを会社で使いたい・・・」という従業員側のニーズと、
「会社で購入するスマホの費用を削減したい・・・」という企業側のニーズがマッチした“BYOD”

しかし、いざBYODの導入を検討すると、一般的なMDMソフトでは柔軟な管理ができず、
「本当に個人のプライバシーは保護されるのか・・・」という従業員側の懸念点、
「本当に会社の情報は漏えいしないのか・・・」という企業側の懸念点に悩まされ、
結局は、BYODの導入をあきらめられたのではないでしょうか?

ご安心ください!AirWatchなら、そのお悩み解決できます!

BYODをご検討中のお客様へ

こんなお悩みありませんか?

AirWatchで解決

AirWatchでは、企業データの扱いをすべてAirWatch内で完結できるため、個人デバイスには情報を残すことなく、社内リソースへのセキュアなアクセスが可能です。また、個人デバイスに配信した企業データのみを管理するため、万が一、デバイスを紛失した場合でも企業データのみを消去し、プライベートな個人データは消去されずに保護することで、プライベートと企業データを完全に分けて保護できます。

AirWatchがあれば、双方の要望を叶えた柔軟なモバイルワークを低コストなBYODで実現することが可能です。

AirWatchが提供する主な機能

■ 業務メールをそのまま個人デバイスで利用可能

企業で利用するメールサーバーをAirWatchと連携させることで、個人所有のスマホ/タブレットからも業務メールを利用することができます。
さらに、メールの添付データも「AirWatch Content Locker」で閲覧できるため、デバイス上にデータは残りません。また、リンク先も「AirWatch Browser」で開くように設定できるため、デバイスのデフォルトブラウザーは利用できないように制限できます。

個人デバイスの業務利用イメージ(BYOD)

■ 社内リソースへのセキュアなアクセス

AirWatchと社内リソースの間にContent Gateway(コンテントゲートウェイ)を設置することで、VPN不要で社内リソースへのセキュアなアクセスが可能となります。また、AirWatchと社内リソースとの間にSEG(セキュアEメールゲートウェイ)を設置することで、VPN不要で業務メールへセキュアにアクセスできます。

モバイルEメール管理(SEG)とセキュアブラウジング(MAG)の設置で、社内環境へセキュアにアクセス

■ 企業データと個人データの分離

AirWatch Containerでは、デバイス上の企業データと個人データは完全に分離されます。
セキュアなContainerにログインしている時のみ、企業アプリなどへのアクセスが可能となります。

企業データと個人データを分離し、ログイン時のみ、企業アプリへアクセス可能

■ ユーザー自身で個人スマホ/タブレットを管理

AirWatchのセルフサービスポータルでは、基本的なデバイス管理者権限(アラームを鳴らす/メッセージ送信/位置情報確認/リモートロック/デバイスの削除・再加入など)をエンドユーザーに許可し、管理者の負担を軽減します。

デバイス管理者権限(アラームを鳴らす/メッセージ送信/位置情報確認/リモートロック/デバイスの削除・再加入など)

■ 柔軟な提供形態

AirWatchでは、クラウド(共有)/クラウド(専用)が選べます。いずれの展開方法でも同じ機能がご利用いただけます。

クラウド(共有)/クラウド(専用)が選べる展開方法

動作環境

■ OS

BYOD対応OS

Android、Apple iOS

※ 各OSのバージョンにより管理できる機能は異なります。

価格構成

■ 展開方式

クラウド(共有型)

AirWatchが運営するデータセンターに構築されるSaaS型の展開方法です。
年単位の利用料契約となり、25台以上からご利用いただけます。

※ 利用料には保守費用が含まれます。

クラウド(専用型)

AirWatchが運営するデータセンターにお客様専用サーバーを用意して構築する方法です。
年単位の利用料契約となり、3,000台以上からご利用いただけます。

※ 導入時に初期費用が必要になります。
※ 利用料には保守費用が含まれます。

価格

■ デバイスベースライセンス(税抜)

AirWatch Blue Management Suite

保守形態

Basic
(平日)

Production
(24H/365D)

クラウド
(共有型)

年間利用料
(1台単価)

10,800円/年

11,300円/年

クラウド
(専用型)

専用環境
初期費用

1,264,900円

年間利用料
(1台単価)

12,500円/年

13,000円/年

※ 最小発注単位: 「クラウド(共有型) 25台~」、「クラウド(専用型) 3,000台~」
※ 掲載価格には消費税は含まれておりません。

BYODをあきらめていたお客様へ


「自社に合ったモバイル活用を行いたいけど、どれが合うのかわからない・・・」
「自社の環境に合うかどうか、一度試してみたい・・・」
モバイル活用をご検討中のお客様へ、まずは30日間無料のお試し版をご利用ください。
具体的にどのように検証すれば良いのかわからなくても、当社がお試し期間中の評価・検証をご支援いたします。

BYODをご検討中のお客様へ

モバイルデバイスの効率的な管理と、私物デバイスの業務利用や具体的な実現方法について、
お試し期間にご確認いただけます。まずは、AirWatchをご体感ください。

メリット1 100台まで登録できる

お試し期間中、AirWatchプラットフォームへのフルアクセスと、AirWatchクラウドにデバイスを100台まで登録できます。
 

メリット2 具体的な手順書をご提供

30日間でAirWatchを評価いただけるように、具体的な手順書をご用意しています。インストールから機能設定まで、日本語による詳しい解説でスムーズにお使いいただけます。

メリット3 お問い合わせには経験豊富なエンジニアがご対応します

お試し期間中、経験豊富なエンジニアがAirWatchの設定・運用など、お客様のご質問にお応えします。
 

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。