メールセキュリティ対策ソリューション
「GUARDIANWALL(ガーディアンウォール)」

「GUARDIANWALL」でメール誤送信を撲滅!

メール送信でこのような事例はございませんか?

  • 宛先(アドレス)を間違えて送信した・・・
  • お客様の名前や敬称を間違えて送信した・・・
  • 添付ファイルを間違えて送信した・・・
  • 書きかけのメールを送信した・・・
  • ToやCCに多数のアドレスをつけたまま全員返信した・・・

「つい」、「うっかり」で発生してしまうメールの誤送信事故は後を絶たず、社員教育や注意喚起だけでは完全に防ぐことができません。メール誤送信・情報漏えい事故を防ぐためには、専用システムの導入が必要です。

GUARDIANWALLイメージ

■ 3つのモデルでお客様の用途に対応!

「GUARDIANWALL(ガーディアンウォール)」は、メール誤送信対策・情報漏えい対策・アーカイブをワンシステムで実現するメールセキュリティ対策ソリューションです。
お客様の利用シーンに合わせて、必要な機能だけの組み合わせで導入できます。

豊富なメール配送処理によりメール誤送信・情報漏えい事故を未然に防止

面倒な添付ファイルへのパスワード付与を自動化

柔軟な全文検索機能などにより、メール監査業務の軽減化を実現

「GUARDIANWALL」が選ばれる理由!

1. 3つのモデルを自由に組み合わせ可能 「フィルタリング」「添付ファイルZIP暗号化」「アーカイブ」

2. 「標的型メール攻撃対策」や「マイナンバー情報漏えい対策」など、新たなリスクにも対応

3. ソフトウェア版だけでなく、VMware環境に導入可能な仮想アプライアンス版も提供可能

4. 国内メールフィルタリング市場で、14年連続国内シェアNo.1 ※1

※1 株式会社富士キメラ総研2015ネットワークセキュリティビジネス調査総覧より

3つのモデル体系

■ フィルタリングモデル

メール誤送信・情報漏えいを未然にブロック
キーワード検査や添付ファイルの有無などを条件とした柔軟なフィルタリングとさまざまな配送制御によって、お客様の利用シーンに合ったセキュリティポリシーの設定ができます。また、標準型攻撃対策機能により、標的型攻撃の疑いのあるメールを検知することも可能です。

メール誤送信・情報漏えいを未然にブロック イメージ図

配送制御例(保留機能)
管理者(上長・システム管理者)が送信メールを保留し、宛先や内容に問題が無いかをチェックすることができます。また、「個別処理方式」、「一覧処理方式」のいずれかの方式で保留メールの内容を確認した後、送信/削除を行えます。

配送制御例(保留機能) イメージ図

■ 添付ファイルZIP暗号化モデル

面倒な添付ファイルへのパスワード付与を自動化
外部へ送信するメールに添付ファイルが付加されていた場合に、1つのパスワード付きZIPファイルに変換できます。フィルタリングモデルと併用すれば、添付ファイル内の検査を実施後に暗号化が行えます。
付加するパスワードはランダム・固定から選択できます。より堅牢性を求める場合は、オプションによりAES256bit方式での暗号化対応が可能です。

添付ファイルZIP暗号化モデル イメージ図
  • 情報漏えいリスクや被害を低減
  • 送信者がパスワード設定する作業負荷を軽減
  • 差出人へパスワード通知メールを自動で送ることも可能
  • 添付ファイル本文に対するキーワード検査が可能

■ アーカイブモデル

メール監査業務を手軽に実現
添付ファイルやエンベロープ情報を含むメールそのものを独自形式に圧縮(平均50%)して保存します。

  • メールアーカイブ+全文検索機能
    全文検索機能により、ヘッダー情報、エンベロープ情報、添付ファイル内のキーワードを検索・閲覧できます。
  • メール監査機能
    上司による部下のメール監査や、内部統制に基づくメール監査を手軽に実現できます。また、監査対象範囲も細かく設定でき、監査履歴や監査実施状況の管理も容易です。
  • ダウンロード取り込み機能
    検索した結果をemlやmbox形式で一括ダウンロードが行えます。メールデータはユーザー単位でユーザーPCに取り込むことが可能です。
  • タイムスタンプ機能(オプション)
    保存メールのアーカイブデータに対し、第三者によるデジタルタイムスタンプを付与することで、非改ざん性を証明できます。
メール監査業務を手軽に実現 イメージ図

各モデル共通機能

レポート機能
~統計情報・統計レポート~

メールの利用実態を統計やグラフでわかりやすく表示できます。

監査機能

  1. メール監査データの閲覧
    保存メール、保留メールの閲覧・監査状況を記録・管理できます。
  2. 操作ログ記録・閲覧
    管理者が行った操作を記録し、閲覧できます。

管理者権限の付与

4種類の管理クラスを用意し、必要な権限範囲の定義や各部門への権限委譲・管理を委託することが可能です。

バックアップ・リストア機能

設定情報のバックアップ、外部への自動バックアップ、データリストアを行えます。

動作環境

■ GUARDIANWALL Linux版

稼動OS

Red Hat Enterprise Linux 5 / 6 / 7(32bit / 64bit対応)

MTA

Sendmail / Postfix / qmail

CPU

2.0GHz・クアッドコア以上

メモリー容量

4GB以上

仮想環境

上記対応OSの動作を保証している仮想環境

※ 管理サーバー・検査サーバー共通の推奨スペックです。実際のメール流量や管理画面へのアクセス頻度などにより増強が必要となる場合があります。

■ GUARDIANWALL 仮想アプライアンス版

ハイパーバイザー

VMware ESXi 5.1 / 5.5 / 6.0

仮想CPU数

2コア

メモリー容量

4GB以上

仮想NIC枚数

1

ハードディスク

70GB以上の空き容量

※ 動作環境は「GUARDIANWALL Ver 8.1」の情報です。最新情報については、お問い合わせください。

価格

■ GUARDIANWALL Linux版 1年間のライセンス価格(税抜)

GUARDIANWALL Linux版の1年間のライセンス価格

■ GUARDIANWALL 仮想アプライアンス版 1年間のライセンス価格(税抜)

GUARDIANWALL 仮想アプライアンス版の1年間のライセンス価格

※ 掲載価格には消費税は含まれておりません。
※ ユーザー数は、「GUARDIANWALL」を経由してメールを送信もしくは受信される人数分をご購入ください。
※ 新規価格には、初年度1年間の使用許諾権とバージョンアッププログラム提供ならびに電話・電子メールによるユーザーサポートが含まれます。 
※ 2年目以降継続使用される場合には、更新価格をお求めください。
※ 本モデルは、サーバー台数に関係なくご利用いただけます。

関連リンク

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。