eラーニング
ダイバーシティ ~女性活躍推進~

女性活躍推進の正しい理解のために知っておいてほしいこと
~なぜ、女性が活躍する組織は強いのか、女性の力を最大化する組織マネジメントとは何か?

女性が活躍する組織では「性別という制約」にとらわれず、経営資源である人材を適切に評価・効率的に活用することで、社員のモチベーションアップにつながっています。また、新しい企画に女性を参画させるなど、多様性によってイノベーションを生み出しています。

女性活躍を推進している企業、女性管理職の多い企業は、TOPIX500企業よりも株式のパフォーマンスが良好です。
さらに行動計画の届出を行い、取り組みの実施状況が優良な企業は、厚生労働大臣から「えるぼし」の認定を受けることができ、公共調達で有利になります。

働き方が多様化してきた現在、時間の制約・制限が生じるため限られた時間の中で生産性高く働くことができる人材マネジメント、つまり女性活躍を推進することが重要となってきているのです。

※出所:日経WOMANのデータを基に大和証券が作成、出典:「なぜ、女性が活躍する組織は強いのか?」(麓幸子・日経BPヒット総合研究所編)

eラーニング ダイバーシティ ~女性活躍推進~(中級管理者編) 特長

●理由その1

女性活躍推進の第一人者
麓 幸子氏によるeラーニング講座。
1章約10分で学びやすい。講義資料付き。

●理由その2

「女性活躍推進」についての正しい知識、具体的な成功事例を多数紹介。自社についての振り返りができます。

●理由その3

「女性活躍」を推進するために管理職に求められる心がけ6か条を伝授。現場のリーダーとして即実行に移せます。

eラーニング ダイバーシティ ~女性活躍推進~(中級管理者編) 概要

「eラーニング ダイバーシティ ~女性活躍推進~(中級管理者編)」では、講師・監修に「日経WOMAN」の創刊メンバーであり、元編集長・前発行人の麓 幸子氏を迎え、女性活躍推進を取り巻く環境、企業にとってのメリットと課題、推進のための心がけについてポイントを解説しています。
また「あの企業は女性活躍でなぜ成功しているのか?」あるいは「なぜ失敗しているのか?」といった事例を交えて理論的に解説します。

女性の活躍を推進することによって社員のモチベーションアップやイノベーションを促し、企業価値を高めるためのポイントを「心がけ6か条」としてお伝えいたします。

女性活躍推進の要となる部課長クラスをはじめとする中間管理者の方々が、現場での人材マネジメントに必要となる知識を習得できる、実践的な講座です。

講座から演習内容の一部をご紹介します。

eラーニング ダイバーシティ 女性活躍推進 中級管理者編 演習内容 サンプル

A社のような重要なクライアントはXさん、Yさんのどちらをアサインしますか?

  • A社のような重要なクライアントはYさんには任せられない…
  • A社の部長はYさんには難しいだろう…

上記のように考えてませんか?
それが「女性に対する固定概念」であり「無意識のバイアス※」です。
これらが女性のキャリア形成を阻害してきました。

※無意識に持つ性差に関する偏り

講座内容

  • 講師紹介
  • 第1章 政府と「女性活躍」
  • 第2章 「人材」の中身が変わっている
  • 第3章 「女性活躍」の企業メリットとは
  • 第4章 「女性活躍」の課題とは
  • 第5章 「女性活躍」を推進するには
  • アンケート
  • 修了証

※講義資料のダウンロードが可能です。

標準学習時間

60分

受講期間

2ヶ月

前提条件

前提条件はなし。

学習対象者

管理職(部課長クラス)、部下を持つ方

価格

1ID:4,000円
※ボリュームディスカウントもございます、詳しくはご相談ください。
※コンテンツ買取も可能です、価格についてはご相談ください

動作環境

講師・監修

麓幸子氏写真

麓幸子(ふもと・さちこ)

日経BPヒット総合研究所長・執行役員
日経WOMAN元編集長・前発行人

[コメント]

四半世紀にわたり、活躍する女性と、女性を活躍させる企業を記者として取材してきました。
同時に、2人の子どもを育てながら、31年間キャリアを積んできました。
取材で得た知見と働き続ける女性としての自分の経験、そして学術的に証明された理論(人的資源管理論、キャリアデザイン論、経営学など)この3つに基づいてお話しいたします。

[プロフィール]

1962年秋田県生まれ。1984年筑波大学卒業。同年、日経BP社入社。1988年『日経ウーマン』創刊メンバー。以後、複数の媒体経験の後、2006年日経ウーマン編集長、2009年日経ウーマンオンライン編集長兼務。2012年ビズライフ局長、日経ウーマンなど3媒体の発行人。2014年より現職。

法政大学大学院経営学研究科修士課程修了(ダイバーシティマネジメント、女性活用、人的資源管理論)。
内閣府調査研究委員。経団連21世紀政策研究所研究委員。 「経済産業省ダイバーシティ経営企業100選」サポーター。 筑波大学非常勤講師(ジャーナリズム論、キャリアデザイン論)。一般社団法人日本MOT振興協会(有馬朗人会長) 「女性の活躍舞台づくり」委員会オブザーバー。
日本労務学会、日本キャリアデザイン学会、日本産業カウンセリング学会に所属。

企業、自治体、官公庁など主催講演の実績は200回を超える。一男一女の母。
2014年7月NHKワールドニュースライン特集『女性管理職を増やせ』への出演・コメントをはじめ、メディアへの出演実績も多数。
日経BP社や日経新聞の各種媒体に記事を執筆する取材者の顔ももっており、最新かつ生の企業事例を精力的に取材している。

[主な著書]

新しいウィンドウ 「なぜ、女性が活躍する組織は強いのか?」2014 麓幸子・日経BPヒット総合研究所編
新しいウィンドウ 「なぜ、あの会社は女性管理職が順調に増えているのか」2015 麓幸子・日経BPヒット総合研究所編
新しいウィンドウ 「企業力を高める―女性の活躍推進と働き方改革」(共著、経団連出版) 2014
新しいウィンドウ 「なぜ、彼女たちの働き方はこんなに美しいのか」 2015麓幸子・日経BPヒット総合研究所編
新しいウィンドウ 「就活生の親が今、知っておくべきこと」 (日経プレミアシリーズ)2011

動作環境

●パソコン

  • OS / ブラウザ
    Windows 7 / Internet Explorer 11、FireFox
    Windows 8.1 / Internet Explorer 11、Chrome
  • プラグイン:Flash Player最新版
  • ディスプレイ解像度:1024x768以上推奨

※ヘッドフォン/スピーカーをご使用ください。
※Mac OSでの動作保証はしておりません。
※Windows8及びWindows10は、ブラウザとUIモードの組み合わせによって、正常に操作が行えない場合があります。

●スマートフォン

【iOS】OS:iOS 9.2、ブラウザー:Safari
【Android】Android 4.4、ブラウザー:Chrome
※デバイスによっては正常に操作が行えない場合があります。

●タブレット

【iOS】OS:iOS 8.4、ブラウザー:Safari
【Android】Android 5.0、ブラウザー:Chrome
※デバイスによっては正常に操作が行えない場合があります。

※サポートブラウザーについて

  • スマートフォン、タブレット端末上では、標準搭載されているブラウザーを推奨しております。(iOS:Safari、Android:Chrome)
  • 推奨動作環境として掲載のあるブラウザーでも、マイナーバージョンによっては正常に動作しない場合があります。
  • ブラウザーのシェアなどによって、サポートするブラウザーの種類やバージョンを見直す場合があります。

講義画面

講義画面1
講義画面2

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。