「モバイル点検・検針ソリューション」の導入事例 パナソニック株式会社
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社

自分でつくるモバイル点検スタイル
~NFCチップにタブレットをかざすだけで点検項目を一発表示~

  • 紙やバインダーはもう要らない  現場に携行するのは片手に収まる『TOUGHPAD』1台
  • Excelで編集する電子帳票  作業員の経験・ノウハウがいかされ、項目の重複・漏れも防止
  • 日々蓄積される点検データを使った傾向分析で予防保全へ

オフィス業務の電子化・ペーパーレス化が進む一方、“紙とペン”スタイルが根強く残っている点検・保守の現場。パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(以下、同社)の大阪府門真市にある拠点では、このたび、原動設備の日常点検業務に『NFC点検システム』を導入。パナソニックグループのセンサやデバイス技術、そしてIoT・ICTのノウハウを掛け合わせたモバイルソリューションで、ワークスタイル変革をスタートさせた。業務品質向上と同時に作業環境の安全性向上などの効果が生まれてきている。

自分でつくるモバイル点検スタイル

自社技術のNFCを設備管理に応用

京阪本線西三荘駅の北側一帯に広がるパナソニックグループの工場・オフィス群。グループ内で通称“西門真”とよばれているブロックに同社は立地し、約9万㎡の敷地には、工場・オフィス施設などの主要施設が25棟ほどある。
前述の原動設備とは、電気や工業用水・飲料水などのエネルギーを供給するために必要な発電機・変電所・ボイラ・コンプレッサ・蒸気設備・給水設備などを示す。同社 総務・施設部 建屋原動管理課は、ライフラインである西門真の原動設備を適切に管理し、エネルギーを安定供給することがミッションである。

「こちらでは、6名の点検作業員が在籍し、常時3名が交代制で出勤。土日祝日、お正月も休みなく、点検業務に従事しています」(同社 和田氏)

「ベテランがもつデータベースはものすごい量。OJT主体の現場作業では、マニュアルにはほとんど頼ることがなく、人から人に知識とノウハウを伝えています。また、第二種電気主任技術者などの難関資格などにも意欲的にチャレンジし、日々スキルを磨いていこうという風土が根付いています」(同社 山本氏)

経験豊富な作業員がくまなく巡回・点検を行い、設備管理を支えている同社。今回ソリューションを導入したきっかけは、『保有技術であるNFCの技術を自社で活用してみよう』という内側からの働きかけだったという。NFC(Near Field Communication)とは、交通系ICカードなどにも搭載されている無線短距離通信技術で、同社はNFCチップの開発・製造、デバイス・システムへの組み込みに実績を持つ。この働きかけを受けた建屋原動管理課ではすぐに検討を開始した。

「NFCとデバイス・アプリを組み合わせて使うことで設備点検業務の合理化につなげることができる、と判断した私たちのチャレンジを総括の宍野が強力に後押ししました」(和田氏)

「ともすると、設備管理の仕事は守りに入りがちですが、私たちは今回のNFCの利用を一つの新しい変化のきっかけとしてとらえました」(山本氏)

こうして、自社技術を軸にした変革が始まった。

ナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 総務・施設部 施設担当 総括 宍野 政文氏

パナソニック株式会社
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
総務・施設部 施設担当
総括 宍野 政文氏

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 総務・施設部 建屋原動管理課 原動管理係 係長 和田 敏一氏

パナソニック株式会社
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
総務・施設部 建屋原動管理課 原動管理係
係長 和田 敏一氏

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 総務・施設部 建屋原動管理課 山本 恭平氏

パナソニック株式会社
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
総務・施設部 建屋原動管理課
山本 恭平氏

打ち合わせと作業予定

事務所で点検作業員と打ち合わせを行う山本氏。事務所のホワイトボードには、作業予定がぎっしり書き込まれている。

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。