「モバイル点検・検針ソリューション」の導入事例 パナソニック株式会社
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社

今では、作業員自ら電子帳票を編集

『Mobile Inspect』では、帳票の編集(点検項目の修正・追加・削除)をExcelで行うため、プログラミングなど特別な知識は必要ない。
作業完了後は、事務所にあるPCとタブレットを接続し、ボタンをクリックするだけで保存されたデータを転送できる。よって、点検シートのデータ入力作業も不要である。
Excelで点検シートを作成している企業も多いが、『Mobile Inspect』なら、Excelデータをそのまま流用できるので、現在の点検シートに近い感覚で電子帳票に移行できる。

「初回導入時だけ私が帳票作成を対応しましたが、今では作業員が自分で帳票を編集。自分たちが現場で使いやすいように、項目や表示順を決めています」(山本氏)

現場・業務の流れを熟知した作業員のノウハウがそのまま帳票にいかされている。また、かつては、気づかずに同じ点検シートを複数作ってしまった、点検項目が重複してしまった、といった無駄もあったが、デジタル化されたことで、すぐに発見し、改善できるようになったそうだ。
なお、今後は、タブレットのカメラ機能を使って撮影した設備の写真を『Mobile Inspect』に保存することで、錆つきなど経年劣化の状態を把握する、といった使い方もできるのではないかと、同社では考えている。
こうして西門真の点検業務は、“紙とペン”から、“モバイル”点検スタイルに変わることができた。多くの企業に対し、点検業務におけるICT・IoTの活用を提案しているパナソニック ソリューションテクノロジーでは、作業員が使いやすい方法と環境を一番に考えること、そして、それを形にできるツールと技術が業務変革には不可欠であると考えている。

給水管理表の編集画面とタブレットでの表示画面

給水管理表の編集画面とタブレットでの表示画面

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。