2016年10月4日発売予定 帳票OCRソフト「帳票OCR Ver.8」

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口
帳票OCRソフト「帳票OCR」 ~注文書、アンケート、勤怠表、車検証、テスト用紙、マイナンバーカードなど、これひとつで、すべての帳票入力・リネーム作業の効率化を実現!~
新商品 新商品

「帳票OCR Ver.8」が新登場!
~ディープラーニングと新開発の文字解析技術により、多様な手書き文書を電子データ化~

  • 新開発の文字解析技術により、自由手書き文字※1の認識に対応
  • ディープラーニング技術により、手書き文字(数字)の認識精度を向上
  • マスターデータによる突き合わせチェック機能を搭載
  • QRコードのモデル2のバージョン1に対応

※1 文字ごとに罫線で区切られていない、1行の手書き文字に対応しています。

「帳票OCR」で手作業による帳票入力業務を自動化

「帳票OCR」は、かすれた文字など低品質文字にも強い高精度OCRエンジンを搭載し、スキャンした注文書、勤怠管理表、アンケートなどの帳票画像から、活字・手書き文字・チェックマーク・バーコード・QRコードなどを認識し、編集可能な電子データに変換します。また、帳票画像のファイル名自動設定、フォルダー振り分け、自動分割など充実したリネーム機能・保存機能も備えています。

OCRによる業務効率化において最も重要視される“手書き文字”に関して、これまでのバージョンでは、文字ごとに枠で区切られたテキストのみに対応していました。そのため、自動認識できないテキスト情報は、目視入力で補完する必要があり、お客様から改善のご要望を多くいただいていました。新バージョンでは、この技術的な制約を乗り越え、罫線で区切られていない“自由手書き文字”も認識できるようになります。より迅速に、かつ少ない手間で帳票を電子データ化することで、ニーズが多様化するビジネスの現場において業務スピードのさらなる加速につなげます。

スキャンデータのOCR認識結果をExcelや各種システムへ転送可能!
帳票OCRソフト「帳票OCR」の導入により、作業効率が大幅アップ!

動画で見る「帳票OCR」

帳票・伝票をはじめ、自動車検査証などの認識にも標準対応!

電子データ化したい帳票の領域をマウスで囲み、活字・手書き・バーコードなどの属性を設定するだけで、フォーマットを簡単に作成。

整備記録簿作成や保険取り扱いなどで需要が多い自動車検査証(グレー、青)の認識に標準対応。

標準機能としてNW-7、CODE39、CODE128、JANコード、QRコードなど、さまざまなバーコード認識に対応。
 

スキャンデータのファイル名自動設定や指定フォルダー自動振り分けなど、多彩なスキャン画像の保存機能を搭載。

実績豊富なOCRソリューション

新バージョンの活用例

  • 手書きの申込書に記入された名前などの情報を読み取り、システムに登録。受注処理および顧客管理を効率化
  • 手書きの問診票の記入内容を認識してデータベースに登録し、医療サービスの付帯作業にかかる手間を軽減
  • 注文書に記載されている商品名や金額をマスターデータと突き合わせ、読み取り結果を業務システムに入力
  • アンケートハガキの小さなスペースに印字されたQRコードを読み取り、顧客ニーズの分析と商品開発を迅速に連携