帳票OCRソフト「帳票OCR Ver.7」

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口
帳票OCRソフト「帳票OCR」 ~注文書、アンケート用紙、勤怠管理表、車検証、テスト用紙など、これひとつで、すべての帳票入力・リネーム作業の効率化を実現!~
新商品 新商品

「帳票OCR」にマイナンバーカード認識オプションが追加
~通知カード・個人番号カード※1を高精度でデータ化~

  • パナソニック独自の高精度な活字認識技術をもとに開発したマイナンバー対応OCRエンジンを搭載
  • 通知カード・個人番号カード※1に記載の個人番号・氏名・住所・生年月日・性別・発行日を文字認識
  • チェックデジット※2機能の搭載により、確認・修正作業の効率化を促進

※1 個人番号カードの認識は、2016年9月に対応予定です。
※2 チェックデジットとは、総務省令第八十五号にある『検査用数字を算出する算式』にもとづき、数列の誤りの検出、ねつ造防止を目的に、一定のアルゴリズムに従って付加される数値や記号を示します。
※ マイナンバーカード認識オプションは「帳票OCR Ver.7.5 クライアント版」のみの対応となります。

「帳票OCR」で手作業による帳票入力業務を自動化し、オフィス業務の生産性向上を支援!

「帳票OCR」は、帳票の活字、手書き文字、チェックマーク、バーコード、QRコードなどをOCR認識し、編集可能な電子データに変換する業務向けの帳票OCRソフトウェアです。
また、複合機やスキャナーから読み込んだ帳票画像の「ファイル名の自動設定」、「フォルダー自動振り分け」、 「PDFファイルへの変換」など、多彩な機能を搭載しています。
帳票のテキスト化からリネームまで帳票入力作業の効率化を実現します。

スキャンデータのOCR認識結果をExcelや各種システムへ転送可能!
帳票OCRソフト「帳票OCR」の導入により、作業効率が大幅アップ!

動画で見る「帳票OCR」

オフィスの帳票・伝票をはじめ、自動車検査証、運転免許証などの認識にも標準対応!

電子データ化したい帳票の領域をマウスで囲み、活字・手書き・バーコードなどの属性を設定するだけで、フォーマットを簡単に作成。

整備記録簿作成や保険取り扱いなどで需要が多い自動車検査証(グレー、青)の認識に標準対応。

標準機能としてNW-7、CODE39、CODE128、JANコード、QRコードなど、さまざまなバーコード認識に対応。
 

お客様窓口や契約申込における本人確認業務などで需要の多い運転免許証の認識に標準対応。

実績豊富なOCRソリューションで、帳票入力業務のコスト削減と品質向上を支援