商品概要

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

帳票OCRソフト「帳票OCR」による帳票電子化の流れ

複合機やスキャナーで読み込んだ帳票画像と、「帳票OCR」付属のフォーマット編集ツールで作成したフォーマットを照合して、OCR文字認識を行います。
複数タイプの帳票が混在する場合でも、まとめて電子化を行ってデータの確認・修正も簡単にできます。認識結果は、CSVファイル形式で保存でき、Excelファイルなど、他のアプリケーションでも活用でき、幅広い業務で役立ちます。

帳票電子化の流れ

帳票OCRソフト「帳票OCR」の画面構成

帳票OCRソフト「帳票OCR」の操作画面です。

帳票OCR 操作画面
1.メニューバー メニューを表示します。
2.ツールバー 使用頻繁の高い機能をアイコンボタンで表示します。
3.画像ウィンドウ スキャナーや複合機、または画像ファイルから読み込んだ画像を表示します。
4.エラー一覧ウィンドウ データチェックでエラーになったフィールドの詳細情報を表示します。
5.認識結果ウィンドウ 文字認識の結果が表示され、確認・修正を行えます。

付属ソフト「フォーマット編集」の画面構成

マウス操作で認識箇所などを簡単設定できる帳票定義ツール「フォーマット編集」を搭載しています。

フォーマット編集 操作画面
1.メニューバー メニューを表示します。
2.ツールバー 使用頻繁の高い機能をアイコンボタンで表示します。
3.フィールド データを認識する範囲を示します。
4.属性エリア 選択したフィールドの属性を表示します。
選択したフィールドがない場合は、デフォルト値を表示します。