帳票のOCR認識

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

帳票をOCR認識するためには、まず帳票を画像データとして読み込みます。
画像データは、スキャナーや複合機、パソコン内の画像ファイルから読み込むことができます。

スキャナーから読み込み認識までのイメージ図

帳票の読み込み

■ スキャナーから読み込む

スキャナーから読み込むイメージ図

「帳票OCR」は、スキャナーや複合機から手軽に帳票画像を読み込めます。※1 スキャナーの動作確認済み対応機器については、こちらをご覧ください。

※1 解像度は300~400dpi(推奨)に設定することをお勧めします。

■ 画像ファイルから読み込む

画像ファイルからの読み込みイメージ

「帳票OCR」に読み込める画像ファイル形式は、BMPファイル、TIFFファイル、JPEGファイルをはじめ、新たにPDFファイル※2 にも対応しました。

※2 画像のみのPDFファイルに限り対応しています。 セキュリティを設定したPDFファイルやアウトライン化したPDFファイルは読み込みできません。

読み込んだ帳票画像の編集

「帳票OCR」では、文字認識精度の向上に役立つ画像編集機能をご用意しています。

■ 傾き補正

表示されている画像を対象に、自動的に傾斜角度を検出し、傾き補正を行います。スキャナーからの読み込みで、斜めに取り込んでしまった場合でも自動的に傾きを補正します。

傾き補正イメージ

■ ノイズ除去

読み込んだモノクロ画像(2値画像)を範囲指定して、ノイズ(黒点状の汚れ)を除去できます。画像データにノイズがある場合に使用します。
ノイズ除去を行うと、認識率がアップします。

■ 回転

画像データを回転させて向きを変更します。縦のものを横に読み込んだり、逆さまに読み込んだ場合に、画像を回転できます。

回転イメージ

かんたん「一括認識」

受注書、発注書、見積書、納品書などによって、認識方法をあらかじめ登録しておけば、帳票の種類を選択するだけで最適な設定で認識を行い、保存・転送までを自動処理します。フォーマットごとに文字認識を行う必要がなく、複数の帳票が混在する場合でも一度で認識できます。

一括認識ウィンドウ

フォルダー監視オプション オプション商品

スキャナーや複合機から読み込んだ帳票画像が指定フォルダーに保存されると、自動的に監視してOCR認識を開始します。複合機のFAX機能とフォルダー監視オプションを組み合わせることで、簡易的なFAX OCRシステムを構築できます。

フォルダー監視イメージ

※ フォルダー監視オプションは、オプション商品です。