ソリューション概要

発注書のOCRソリューションイメージ

日々送られてくる大量の発注書の受注処理を「帳票OCR」で自動化できるため、品番や数量、金額をCSVに保存し、各種システムで活用できます。「帳票OCR」で受注処理を迅速化することで、出荷作業や請求業務を含めた販売管理業務の効率化を実現します。

特長・導入メリット

  1. 手書きの商品コード、数量、金額などを認識
  2. 自動識別機能搭載
    複数の顧客からの発注書も帳票の自動識別機能で一括認識が可能になります。
  3. データチェック式機能により確認作業もスピーディーに!
    データチェック式で認識結果をすばやく確認でき、入力ミスを軽減できます。

通販会社受注センターのご利用シーン

発注書の受注処理での利用

毎日送られてくる発注書を「帳票OCR」でデータ化し、販売管理システムへデータを転送しています。認識結果の確認画面とデータチェック式を利用することで、入力ミスを大幅に削減できました。
入力ミスによる誤発送の削減により、顧客満足度の向上にも貢献しています。

発注書のサンプル