健康診断票(問診票)OCRソリューション

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

ソリューション概要

健康診断票(問診票)のOCRソリューションイメージ

2008年4月より導入された特定健康診査では、健診を受けた健診機関を問わず、保険者(健康保険組合)はデータを一元管理して食事や運動の指導などの保 健指導を行うことが求められています。そのため、手書きで記入された健康診断票(問診票)のデータ入力の効率化が課題となっております。
手書き文字やチェックマークの認識に対応している「帳票OCR」では、健康診断票(問診票)の入力効率化を実現します。

特長・導入メリット

  1. 手書き文字、チェックマークに対応!
    今まで手入力で行なっていた入力業務の効率化を実現します。
  2. 専用用紙が不要のためコスト削減を実現!
    現在お使いの帳票やExcelなどの市販ソフトで作成した帳票も読み取れるため、OCR専用帳票の作成・印刷コストが抑えられます。
  3. 入力ミスを軽減!
    認識結果と健康診断票(問診票)の画像データを同一画面で表示し、視線の動きが少なく、認識結果もスピーディーに確認できます。

健診センターのご利用シーン

健康診断票(問診票)の入力業務での利用

繁忙期には大量のデータを入力するために専任の人員が対応していました。「帳票OCR」を導入することで、認識結果を確認・修正するだけで作業が終了するため、専任の人員を確保せずに人員コストを大幅に削減できました。

健康診断票(問診票)のサンプル