物品受領書OCRソリューション

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

ソリューション概要

物品受領書のOCRソリューション

回収した物品受領書の伝票番号をCSVに保存し、各種システムへ転送します。
「帳票OCR」で物品受領書と伝票発行情報との照合作業の効率化を実現し、納品先からのお問い合わせ対応などもデータ化によって迅速な対応が可能になります。

特長・導入メリット

  1. 入力ミスを軽減!
    認識結果と物品受領書の画像データを同一画面で表示し、視線の動きが少なく認識結果もスピーディーに確認できます。
  2. バーコードの認識に対応
    NW-7、CODE39、CODE128(CODE128、GS1-128)、JANコード(JAN-8、JAN-13)、ITFコード(ITF-6、ITF-14、ITF-16)など、さまざまなバーコードの認識が可能です。
  3. 認識結果をCSVに出力
    各種システムへ転送することが可能です。

食品メーカーのご利用シーン

物品受領書のデータ化に利用

毎日回収される大量の物品受領書の伝票番号を「帳票OCR」でデータ化し、販売管理システムの伝票発行情報と照会することで、専任の人員を確保せずに人員コストを大幅に削減できました。

物品受領書のサンプル