名刺認識ライブラリー for Android 商品概要

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

名刺認識ライブラリー for Android Ver.3

■ 認識ロジック強化や、すべての第二水準漢字への対応により、認識精度がさらに向上

「名刺認識ライブラリー for Android」は、名刺内の文字画像を読み取って文字コードへ変換し、名前、会社名、住所などの各項目に自動振り分けする開発ツールキット(SDK)です。
本ライブラリーは、高精度名刺OCRエンジンを搭載し、日本語名刺(横書き名刺、縦書き名刺)に対応しています。

名刺画像を認識後、会社名や名前などの項目ごとに自動振り分けが可能

例えば、本ライブラリーを顧客管理などの既存システムに組み込むことで、営業部門での顧客情報の入力業務を省力化できます。

また、各種サービス業や金融機関などにおいて、ユーザ自身が直接オンラインでサービスの登録・申し込みをする場合も、Android搭載のスマートフォンやタブレット端末で名刺を撮影し、本ライブラリーを組み込んだアプリケーションで自動的にテキスト情報を取り込むことで、氏名や住所などの面倒な入力作業を簡素化できます。

最新版「名刺認識ライブラリーVer.3 for Android」では、すべての第二水準漢字(3,388文字)に対応、また“自動台形補正”技術によりカメラ撮影画像の歪みを補正するなど、認識精度のさらなる向上を図っています。

■ 主な特長

高精度名刺OCRエンジンを搭載

高精度日本語OCRエンジンを搭載

最新の高精度名刺OCRエンジンを搭載、パナソニック独自の認識ロジック強化により認識精度が向上しています。

すべての第二水準漢字に対応

すべての第二水準漢字(3,388文字)に対応することにより、認識精度が向上しました。

カメラで撮影した画像の歪みを自動補正

Android搭載のスマートフォンやタブレット端末などのカメラで撮影した画像の歪みを当社独自の画像処理技術(台形補正機能)で自動補正することで、文字認識精度が向上します。また、傾いた画像や逆さまの画像も補正することができます。

カメラで撮影した画像の歪みを自動補正

住所分割機能の搭載

認識した住所データを都道府県・市区町村・地域に自動分割することで、顧客管理システムなどのアプリケーションでのデータ活用が容易になります。

■ 活用事例

  • 顧客管理システムへの組み込み
    営業部門における顧客情報(会社名、住所、氏名、電話番号など)の入力業務省力化
  • 申し込みシステムへの組み込み(サービス業、金融機関)
    ユーザー自身が直接オンラインでサービスの登録・申し込みをする場合、Android搭載のスマートフォンやタブレット端末で名刺を撮影、自動的にテキスト情報を取り込むことで、氏名や住所などの入力作業を簡素化

名刺認識ライブラリー for Android