セミナーレポート: 3つの安心・安全バックアップ法 大公開セミナー

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社では、企業の情報システム責任者を対象にしたセミナーを定期的に開催しております。
今回は、「3つの安心・安全バックアップ法 大公開セミナー」についてご紹介します。

東日本大震災以降、事業継続に対する意識の高まりを受け、データの外部保管に対するニーズが拡大しています。従来のオンプレミスに加え、クラウドを使用したバックアップの仕組みが注目される一方、不安や課題があることも事実です。

セミナー会場の様子

そこで、本セミナーでは、クラウド市場動向に精通した株式会社アイ・ティ・アールのアナリストと、当社バックアップの専門家により、クラウドを活用した事業継続対策はどうあるべきか解説しました。

本セミナーの第二部で使用した講演資料(抜粋版)を無料配布中!

講演内容

第1部

「ハイブリッド・クラウド時代の事業継続戦略」

株式会社アイ・ティ・アール 金谷 敏尊氏

クラウド・コンピューティングの普及が加速しており、一部の企業ではハイブリッド環境でのIaaSを管理する必要に迫られています。
一方、障害対策、災害対策、データ保護などの観点から、クラウドのリスクを指摘する声も少なくありません。現状のIaaS市場動向はどうなっており、事業継続へ向けて、いかなるバックアップ方式を採るべきか、本講演ではそのヒントを提示しました。

クラウドサービスの市場動向として、PaaS/IaaSの市場規模は年々拡大しており、今後も増加傾向にあることが予測されます。
特に利用用途として、Eコマースやキャンペーンサイトなどのインターネット接続を想定したパブリッククラウドだけでなく、最近は、社内業務システム用途と して閉域網で接続した仮想プライベートクラウドにIaaSを活用するケースが増加してきています。「パブリッククラウドとプライベートクラウドを適材適所 で使い分けて活用する、ハイブリッド・クラウド時代に突入している」と金谷氏は強調します。
これは、先進企業における「基幹系とEC系」、「本番系と開発系」、「稼動系と待機系」といった用途に応じ使い分けたDR構成などの成功事例が増えてきていることからもわかります。
「ハイブリッドクラウドの構築では、社内システムとの連携やデータ移行といった難易度の高いSIが発生するため、クラウドインテグレータをうまく活用することが成功への近道になる」と、金谷氏は言います。

加えて、事業継続やデータ保護の実現方式は多岐に渡りますが、「そもそも仮想化/クラウド技術は、災害/障害対策と非常に相性が良い」と金谷氏は言います。
バックアップサイトの導入・運用にかかるコストが企業の災害対策の阻害要因のひとつでしたが、ここへきてクラウド技術が台頭したことで、ローコストで事業継続を実現する新たな選択肢が生まれました。
最後に金谷氏は、「目利きができるシステムインテグレータを通じて適切なバックアップ環境を構築できる」と述べます。
ハイブリッドクラウド時代におけるバックアップ検討の要点として、まずはクラウドの利用は検討に含めること、そのうえで、「セキュリティ」、「コスト」、「性能」の観点から最適なバックアップシステムを評価することが重要であるとご説明いただきました。

第2部

「企業の事業継続を支える 3つの安心・安全バックアップ法」

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 淵田 欽也/盛長 政幸

データの外部保管方法として、従来のテープ装置を利用したバックアップでは、データ量の増加に伴うバックアップ時間の遅延やメディア管理の工数が課題となっています。
この課題は、ディスク to ディスクの外部保管で解決可能ですが、データ量に比例してコストがかさみます。昨今では、新たな選択肢としてクラウドへのバックアップが注目されていますが、そもそもクラウドに重要データを置くことに不安があるという声も聞きます。
そこで、当社が導き出した答えが「オンプレミスとクラウドを融合した3つの安心・安全バックアップ法」です。
第二部では、「安全性確保」、「許容時間順守」、「早期復旧」を実現する、ハイブリッド・クラウド時代に最適なバックアップ方法について解説しました。

セミナーの様子

データの外部保管方法として、従来のテープ装置を利用したバックアップでは、データ量の増加に伴うバックアップ時間の遅延やメディア管理の工数が課題となっています。
この課題は、ディスク to ディスクの外部保管で解決可能ですが、データ量に比例してコストがかさみます。昨今では、新たな選択肢としてクラウドへのバックアップが注目されていますが、そもそもクラウドに重要データを置くことに不安があるという声も聞きます。
そこで、当社が導き出した答えが「オンプレミスとクラウドを融合した3つの安心・安全バックアップ法」です。
第二部では、「安全性確保」、「許容時間順守」、「早期復旧」を実現する、ハイブリッド・クラウド時代に最適なバックアップ方法について解説しました。

東日本大震災以降、BCP対策の重要性が再び見直されています。
自社は被災していなくても、取引先が被災することにより事業が継続できなくなったという事例もありました。
「現在では、取引先を選定する条件のひとつとしてBCP対策を実施しているか否かが選定項目に含まれる場合もあります」と淵田はBCP対策の重要性を訴えます。

では実際に、どのくらいの企業がBCP対策を実施済みなのか?
2014年5月に出展した展示会「Japan IT Week 春」でのアンケート結果をもとに、お客様の最新動向・傾向についてご紹介しました。

BCP対策を検討する際のポイントとして、高度な対策には工数もコストもかかるため、どのレベルを目指すか自社のポリシー検討が重要となります。
BCP対策未実施のお客様には、まず「最低限、重要データの外部保管を行うことを推奨します」と淵田は言います。

データの外部保管を実現するためにクラウドを活用することは非常に有効な手段です。しかしながら、「クラウドの利用には不安をお持ちのお客様も多いことは事実です」と淵田は語ります。
マーケティング活動としてお客様にヒアリングする中で、これらの不安要素は「安全性」、「性能」、「実効性」に集約できることが分かりました。お客様はこ のどれかに何かしらの懸念をお持ちです。そこで当社ではこれらの懸念点を払拭する「3つのクラウドバックアップサービス」をリリースすることにしました。 キーワードはオンプレミスとクラウドの融合、いわゆるD2D2C(Disk to Disk to Cloud)方式のバックアップ構成です。

  • 秘密分散型クラウドバックアップ
  • 重複排除型クラウドバックアップ
  • 遠隔地復旧型クラウドバックアップ

続けて、3つのサービスの詳細説明、特長、導入効果をご紹介し、その中の1つ、秘密分散型クラウドバックアップのデモンストレーションを実演しました。

出典:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 『3つの安心・安全バックアップ法』 プレゼン資料より

チーフエンジニアの盛長によるデモンストレーションでは、実際に秘密分散技術を活用して、クラウド環境にデータを安全保管できる動きをご来場者の皆様にご確認いただきました。
「単にデータの外部保管を実現するだけのクラウドバックアップではなく、お客様の課題を解消できるクラウドバックアップをご検討ください。」と、盛長は締めくりました。

セミナーの様子

総評

第一部では最新のクラウド市場に対するトレンドをはじめ、事業継続対策とクラウドとの相性の良さについて市場調査をもとに解説しました。
クラウドのメリットは理解できるが、クラウドにデータを置くことへの不安があるといった相反する課題をお持ちのお客様も、第二部の「3つの安心・安全バックアップ法」の解説により、課題が払拭できたのではないかと思われます。

本セミナーの講演資料(第二部)を無料配布していますので、ページ下部よりダウンロードへお進みください。

今後もパナソニック ソリューションテクノロジーでは、当社バックアップの専門家によるセミナーを開催していく予定です。ご関心のある方は、ぜひご受講ください。
ご参加いただき、ありがとうございました。

セミナー参加者様の声

本セミナーのアンケートでは、ご来場者の皆様からさまざまなコメントをいただき、お客様の事業継続対策の実現に向けて、手がかりとしていただけたようです。そのコメントの一部をご紹介致します。

  • BCP対策としてのクラウドを使用したバックアップを検討したい。
  • 当社のBCP対策が、まだ不十分だと感じた。
  • 基幹システムのBCP対策を検討しており、クラウドへのバックアップやリストアを行うサービスをいろいろ聞いていました。今回のセミナーで、このようなサービスが一般的になりつつあるのだなと感じました。
  • BCP対策が未だにできていないのでレベル2から実施する必要があると思った。
  • BCP課題について、具体的な提案として非常にわかりやすかった。
  • 当社は物流と製造を行っているが、個々の業務によってサーバーが多く、バックアップの集約が必要となり、バックの再構築が課題であり参考にしていきたい。
  • 秘密分散バックアップ。クラウド外でもデータ漏洩対策として暗号化との比較していきたいと思いました。
  • 重複排除型のバックアップ。こういうバックアップ方式があるとは知りませんでした。
  • 今後の当社インフラ環境に対してクラウドをどのように取り込んでいくかを考えるにあたり、大変参考になりました。

たくさんのお声をいただき、すべてはご紹介しきれませんが、貴重なご意見・ご感想ありがとうございました。

本セミナーの第二部で使用した講演資料(抜粋版)を無料配布中!

クラウドバックアップサービスに関してはお任せください

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)