「PSKB」の導入事例 日本電気株式会社様

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

大規模ECサイトに求められる高速性と安定性を強力にサポート

検索処理以外にも商品インデックスの高速性や保守サポートなど、商品に対する満足度や費用対効果は非常に高いと感じています。
日本電気株式会社 流通・サービス業サービスソリューション事業部 市田悦大氏

日本電気株式会社(本社:東京都港区、以下 NEC)は、2009年10月より、ネット通販事業者向けにECシステムをサービス型で提供する「NeoSarf/EC(ネオサーフ/イーシー)」を販売開始した。当システムでは、EC基盤としてパナソニックの高速全文検索エンジン「Pana Search/KB(現商品名:PSKB)」※1が採用され、大規模システムにも耐えられる信頼性の高いサービス提供に貢献している。

※1 「Pana Search/KB(パナサーチケービー)」は、2011年7月1日より商品名を「PSKB(ピーエスケービー)」に変更しました。

【導入の背景】 ECサイトでは検索エンジンの安定性が必須条件

市田悦大氏

ECサイトは、トップページの表示速度が遅いだけでもビジネスチャンスを損失するため、サイトを支える検索エンジンにはアクセス集中時にも安定したレスポンス性能が厳しく要求される。「NeoSarf/EC」の検索基盤として「Pana Search/KB」を選定・導入した動機について、NECでECシステム開発を担当する市田悦大氏にお話をお伺いした。

「『NeoSarf/EC』は高い検索速度が要求される商品なので、当初より検索エンジンの採用を決めておりました。検討段階ではフリーの検索エンジンなども候補に挙ったが、結局は導入実績に勝る『Pana Search/KB』の採用に踏み切りました」

市田氏は、実績面以外にも採用ポイントとして以下の3点を挙げる。

1. 安定性

「障害が少なく、滅多なことでは止まらないこと」

2. 検索性能

「単純に早いだけでなく、高負荷時に性能が劣化しないこと」

3. サポート体制

「導入から運用までを、丁寧かつ低価格に支援してくれること」

上記課題の解決に加えて、日本語に強い検索エンジンである「Pana Search/KB」が採用の決め手になったと、市田氏は当時を振り返る。

さらに、市田氏はECサイトにおける検索エンジンの重要性について以下を補足する。

「ECサイトでは検索性能も大事なのですが、一番重要なことはトラブルが少なく、多少のことでは止まらない点だと思います。ECサイトの停止によるトラブルは、致命的な場合も多々あるので、黒子として支える検索エンジンにも安定性が求められます。その点で『Pana Search/KB』は稼動後の安定性は非常に高く、ECサイトに向いている検索エンジンであると評価しています」

【導入効果】 ECサイトの高速レスポンスを支える「Pana Search/KB」

市田氏は、「NeoSarf/EC」と「Pana Search/KB」の関連性について、次のように教えてくれた。

「ECサイトでは検索結果や画面の表示が遅いと多くのお客様が去ってしまいますので、高速なサイトレスポンスが求められます。『NeoSarf/EC』でもトップページなどの利用頻度が高いページに関しては、静的なコンテンツとして表示レスポンスを高めているのですが、これは日中にバッチ処理を利用して、『Pana Search/KB』からデータを収集しながら作成しています。また、ユーザーがイベントやキャンペーンなどを行う際には、検索結果である商品一覧ページに直接リンクを貼る場合も多いため、商品一覧の表示が遅いことも絶対に許されません。もちろん、この商品一覧の表示にも『Pana Search/KB』が利用されています。このように『NeoSarf/EC』の高速性には、『Pana Search/KB』導入による効果が大きいのです」

「NeoSarf/EC」と「Pana Search/KB」の関連図

【今後の展望】 商品の在庫引き当て処理も「Pana Search/KB」で実現

市田氏は、全体を通じて「Pana Search/KB」を次のように評価する。

「『Pana Search/KB』は、検索処理の高速性や安定運用以外にも『差分更新機能』があるおかげで、商品インデックスがわずかな時間で作成できることと、『フィルタリング機能』によって、ゆらぎ検索が簡単に実装できたこと、また、メーカー系の商品という点もあるのかもしれませんが、『保守サポートに安心感』があることなど、商品に対する満足度や費用対効果は非常に高いと感じています」

最後に、新商品DBアクセラレータ『Pana Search/KB Database Edition』についてお伺いした。

「現在、ほとんどの検索は『Pana Search/KB』で処理していますが、在庫数量の部分はリアルタイム更新する必要があり、RDBMSで管理しています。従って、商品詳細ページの表示には検索エンジンとデータベースに検索処理を行う必要があり、システムのオーバーヘッドがそれぞれに発生してしまうのが現状です。新商品ではRDBMSの数値データを検索エンジンへリアルタイムに反映できると聞いているので、検索処理が集約でき、その分のオーバーヘッドが削減できそうですね。ぜひ導入を検討させてほしいと思います」

DBアクセラレータ『Pana Search/KB Database Edition』を導入することで、これまで作り込みが必要だった検索エンジンとRDBMSの連携プログラムが不要となり、開発負荷やシステムのオーバーヘッドが大幅に改善される。今後も『Pana Search/KB』シリーズは、ECサイトなどパッケージへの組み込みや企業内システムへの適用により、各種Webシステムの検索基盤最適化と運用改善に貢献していく。

市田悦大氏

【お客様プロフィール】 日本電気株式会社様

日本電気株式会社様

NECは、創業当時から「顧客満足(CS)」を第一に考え、IT(情報技術)とネットワーク技術を核に、幅広い事業を通じて、人と地球にやさしい情報社会の実現を目指して、積極的に取り組まれています。

所在地:東京都港区芝5-7-1
URL:http://www.nec.co.jp/