開発者から選ばれる理由

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

性能が機能を変える!システム品質を変える!
高負荷時でも高いレスポンスを発揮する「PSKB」シリーズ。「PSKB」が開発者から選ばれる理由をご紹介します。

DE:Database Edition / SE:Standard Edition / EE:Enterprise Edition

特長

DE

SE/EE

開発者から選ばれるポイント

性能改善

対応
対応
高度活用

RDBMSの苦手な全文検索(中間一致)や集計処理を高速化!
商品コードなどを漏れなく探す「文字列検索」と、説明文などを単語で意識して探す「単語検索」の両方に対応しています。検索結果の出力順序も制御できるため、「眠っている情報」を高度に活用できます。

対応
未対応
負荷軽減

テーブル構造を反映した複雑な条件式による検索処理でシステム性能が大幅に向上!
ボトルネックとなるSQLの処理結果をPSKBの1回の検索で直接得られるため、呼び出しオーバーヘッドやRDBMSの負担が少なく、システム全体の性能が飛躍的に向上します。
複数のテーブルをJOIN(結合)した検索も可能です。

分散処理

対応
対応
大規模対応

複数サーバーに渡る分散構成が可能で、検索対象データの増加に対応!
検索対象データを複数のPSKBサーバー(インスタンス)に分散することで、データ容量が増加しても検索性能を一定に保てます。PSKBサーバーの台数が増加しても、検索条件の変更は必要ありません。

堅牢性

対応
未対応
安全

RDBMSのバックエンドに接続する安全で堅牢な構成!
バックエンド構成により、PSKBとRDBMS間のネットワークを分離でき、データの出し入れもRDBMS(SQL)経由のみとなります。そのため、OracleやDB2などの高度で堅牢なアクセス権の管理を生かした安全なデータ管理が可能です。

同期更新

対応
未対応
高速検索

SQL埋め込み型の検索条件で高速化を実現!
SQLのボトルネック部分をPSKB呼び出しに書き換えることで、SQL全体を書き換えることなく高速化が可能です。C、Java、Perl、PL/SQLなどのSQLが記述可能な幅広いホスト言語で利用できます。

対応
未対応
SQL操作

検索結果をSQLで操作可能!
検索結果はRDBMSのテーブルとして返します。
元テーブルやマスターテーブルとのJOIN(結合)、集計処理、他テーブルへの格納など、SQLの機能を生かした検索結果の高度な活用が可能です。

対応
未対応
高速更新

トリガーによるRDBMSとの同期更新が可能!
RDBMSのトリガー機能を使い、テーブルとPSKBのDBを同期させることで、最新データを使った正確な検索結果を得られます。100人以上のクライアントが同時に更新を行う場合でも、1秒以内に更新結果の反映が可能です。※1

構築性

対応
未対応
工数削減

Oracle SQL Developerへのプラグインでシステム開発を強力に支援!※2 ※3
検索したいOracleテーブルの各カラムに対して、PSKBでの扱いをGUI画面で選択するだけで、PSKBの設定ファイルやトリガー、検索・更新モジュールを自動生成します。
さらに、マウス操作だけでOracleのテーブル内容をPSKBに転送し、PSKBのDBを作成できます。

※1 性能は、ハードウェア、検索対象データ、検索条件などに依存します。
※2 Oracle SQL Developerは、日本オラクル株式会社が提供する無償のRDBMS開発支援ツールです。
※3 プラグインは、「Oracle Database」および「PSKB Database Edition for Oracle」のみへの対応となります。

さまざまなシステムに当社の検索基盤をご採用いただき、累計出荷1300ライセンスを突破!※4

多くのお客様から高い評価を受けている「PSKB」シリーズの導入事例をご紹介します。
大規模DBにおける検索・更新パフォーマンスの高速化など、各種業務システムやECサイトの導入効果をご覧いただけます。

※4 「PSKB」シリーズ全体の累計出荷数です。