Database Edition for DB2

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

即時性が要求されるシステムにRDB連携

Database Edition for DB2は、RDBと連携し、データベースの更新と同期したリアルタイムなインデックス更新と高速なテキスト検索の両立を実現します。新聞業界・ECサイトなど、速報性が高い情報システムで、リアルタイムのインデックス更新と高速テキスト検索の両立を実現。タイムラグのない常に整合性のとれた検索サービスを運用できます。

Database Edition for DB2連携イメージ

OracleやDB2のパフォーマンスを劇的改善

パナソニックが開発した独自のアルゴリズム※1により、RDBMS上(Oracle、DB2)のデータ検索を高速化し、各種システムで高いパフォーマンスを実現。インデックス更新もリアルタイムに近いレスポンスを発揮します。

OracleやDB2上のデータ検索やインデックス更新を高速化!

※1 当社調べによる。

■ リアルタイム更新

新開発のリアルタイム更新機能により、少量の更新が同時多発する場合の更新性能を約10倍以上高速化。※2
RDBの更新終了後、即座にテキスト検索が可能。更新時のタイムラグがありません。

即時更新機能により、更新した最新データをすぐに活用可能!

※2 2008年7月現在、商用のRDBMSに接続して使用するタイプのテキスト検索エンジンにおいて。

■ 正確で高速な検索

世代管理型の差分更新により、更新中でも検索処理がブロックされることがなく、常に整合性のとれたテキスト検索を実現します。

並列処理で更新時間を短縮!

■ 高い拡張性

多数の項目を含むテーブルが扱え、また分散構成も可能です。このためデータの増加に合わせてテキスト検索サーバーを増設し、パフォーマンスを落とさずに数十台規模の分散データベースが構築できます。

分散DB統合検索

■ 容易なアプリケーション構築

RDBから「PSKB」を駆動して、RDBのテーブルの一部に対するテキスト検索・更新が行えるUDF(ユーザー定義関数)を用意。
「PSKB」に直接接続することなく、RDBへのSQL要求だけで強力な検索機能を容易に活用できます。

■ ノンストップ運用と迅速な障害復旧

対障害性の高い「PSKB」の世代管理方式と、堅牢なRDBのバックアップ機能との組み合わせで、無停止での長期運用を実現。 万一の障害発生時にも、世代復旧機能により、サービスを停止せず、迅速な復旧が可能です。

他社エンジンとの比較

項目

PSKB Database Edition for DB2

代表的な他社エンジンの例

基本方式

非破壊の更新(版管理)

破壊的な更新

複数の要素DBの階層的更新

単一のDBの更新

特性

更新方法

即時自動更新

手動で更新
or
一定時間ごとに自動更新

更新中の検索


(最新の版で検索可能)

不可
(排他制御が必要)

更新タイムラグ

1秒以下

数分以上
(間隔が短いとハング)

RDBテーブルとの同期性

完全な同期
(RDBの登録終了時にテキスト検索可)

不完全
(RDBの登録終了時にテキスト検索でヒットしない)

メンテナンス処理

更新と並行してバックグラウンドで実行
(更新時間への影響が小)

別途バッチ的に実行
(実行中は検索不可 or 検索・更新性能が低下)