特長

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

セキュリティ商品のID管理・権限管理を一元化

オフィスの入退室管理システム、ICカード発行システム、ICカード認証機能付き複合機、クライアントパソコンログイン制御システムなど、これまで各システムごとに管理していたさまざまなセキュリティ商品のID情報を「SecuritySeeker」で一元管理できます。

セキュリティ商品のID管理・権限管理を一元化

セキュリティポリシーに基づいてIDを自動整形・配信

各セキュリティ商品のルールベースを作成し、「SecuritySeeker」に登録すると、各セキュリティ商品に合わせてID情報・権限情報を自動整形し、各セキュリティ商品に配信できます。人事異動や組織変更時期に頻繁に発生するID情報の変更もスムーズに行えます。
また、DBを取り込み、各システムのDB形式に合わせて自動整形して配信することで、手入力による人的ミスも削減できます。

セキュリティポリシーに基づいてIDを自動整形・配信

セキュリティをさらに強化

従来は、各セキュリティ商品のそれぞれのID情報を更新する必要があったため、たとえば、異動者・退職者のIDが人事システムのデータベースからは削除されていても、入退室管理システムのデータベースには存在しているなど、人的ミスが多く見受けられました。
「SecuritySeeker」の導入により、このようなセキュリティホールを最小限に抑えることができ、さらに、各セキュリティ商品のログ情報を一元管理できるため、情報漏洩の抑止効果も発揮します。

セキュリティをさらに強化