「設備・資産管理ソリューション」の導入事例 パナソニック株式会社 アプライアンス社

QRコード付き“スマート金型”による今どき棚卸し術
~高付加価値家電・住宅向け設備機器の工場が取り組むIoT革新~

  • スマホをかざすだけで棚卸し完了 金型捜索・手書きの負担を軽減
  • 自動認識コード&クラウドプラットフォームでつながる工場
  • 情報・仕事の流れを寸断する障害物をICT・IoTの力で排除

かつては、数多くの総合電機メーカーが商品開発にしのぎを削り、市場を盛り上げてきた家電業界。しかし、ライフスタイルの多様化、消費者嗜好(しこう)の細分化により状況は様変わり。得意分野への選択と集中、高価格帯・低価格帯商品への二極化など、すみ分けが進んでいる。そんな家電業界にあって、パナソニック株式会社 アプライアンス社(以下、同社)の草津工場(滋賀県)が製造する、高機能・高付加価値のエアコンや冷蔵庫などは、消費者から高い支持を得ている。また、草津工場は、家庭向け給湯設備、ビルトイン食器洗い乾燥機、燃料電池、真空断熱材など、あこがれのライフスタイルを支える住宅向け設備機器の製造拠点でもある。このたび草津工場では、金型棚卸し業務の合理化に着手。複数の工場をつなぎ、金型の情報を集約・共有するプラットフォームには、パナソニック ソリューションテクノロジーのICT・IoT技術が活きている。

“あこがれのライフスタイル”を支える商品の製造現場で求められるIoT

あこがれのライフスタイルを提案――。これは、同社が提唱するメッセージの一部である。同社 柏木氏は、同社が生み出す高付加価値家電や、住宅向け設備機器についてこのように語った。

「消費者一人ひとりのライフスタイルに合った商品の使われ方を徹底的に調べ、開発にこだわっています。私たちは、“持っていると自慢できる”そんな商品を目指しています」

機能だけではなく、空間と調和するデザイン性や使用感・・・消費者が望む価値を追求し、それをかなえる商品を製造している草津工場は、いわば同社にとって技術の発信拠点であると同時に、製造の旗艦拠点でもある。

草津工場が製造している高付加価値家電・住宅向け設備機器

草津工場が製造している高付加価値家電・住宅向け設備機器

    左から順番に、

  • 世界初、温度の異なる2つの温風を作り、同時に吹き分けるルームエアコン「Eolia(エオリア)」WXシリーズ / Xシリーズ
  • 寒冷地向け製品にも業界初「温浴セレクト」機能搭載、家庭用自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機「エコキュート」FPシリーズ
  • 約マイナス3℃で保存する「微凍結パーシャル」で、肉や魚、常備菜も約1週間鮮度が長持ち パーシャル搭載冷蔵庫 [NR-F672WPV]
  • システムキッチンに溶け込む新デザインのビルトイン食器洗い乾燥機「Kシリーズ」
  • 戸建住宅向け家庭用燃料電池「エネファーム」

今回インタビューを行った、グローバル調達センター 草津購買部のミッションについて伺った。

「私たち調達・購買部門は、お客様からの需要変動に合わせ、現場に必要な資材を常に安定供給することが求められています。パナソニックグループの事業再編に伴い、一時期は購買機能が分散していましたが、2015年に統合。それを機に業務の高位平準化やスピードアップを図り、安定供給だけではなく調達に関わるあらゆるコストを極小化することで利益を生み、経営貢献するのが私たちのミッションである、という共通意識を高めました」(柏木氏)

昨今、業務プロセス変革の手段としてICT・IoTが不可欠であることについては論をまたないが、草津購買部でも、常に新しい技術をリサーチ し、積極的に取り込んでいる。

柏木 盛男 氏

パナソニック株式会社 アプライアンス社
グローバル調達センター 所次長
草津購買部 部長 柏木 盛男 氏

棚卸し業務における「人手」「紙」からの脱却

モノづくりの生命線ともいえる金型。同社の金型の多くは、2,500を超える国内の協力会社に貸与され、量産を支えている。

渡辺 浩幸 氏

パナソニック株式会社 アプライアンス社
グローバル調達センター 草津購買部
購買ソリューション課 主務 渡辺 浩幸 氏

「資産管理上、1年に1回以上すべての金型を棚卸しする必要があります。以前は、金型コードが記載されたアルミ銘板を頼りに、目視によって1面ごとに棚卸しを実施していました。中には2,000面もの金型を管理いただいている工場や、大きいものはバスタブぐらいのサイズ、2~5トンの重さがある金型も数多く存在するため、実際には負担の大きい作業でした。また、量産終了後も、商品供給期間である7~12年もの間は、メーカーの責任として管理を行う必要があります」

と、同社 渡辺氏は語る。

国内だけで約6万面の金型

国内だけで約6万面の金型

プレス用、樹脂成型用、アルミダイカスト用など、大中小さまざまな金型がある。年間3,000面の新しい金型が生まれる一方で、量産を終えた製品の金型は、一定期間の保管を経て、廃棄される。

人手だけの金型棚卸しは「精度と管理労力」にも問題

人手だけの金型棚卸しは「精度と管理労力」にも問題

従来の棚卸しでは、紙の帳票(金型預かり確認書)を協力会社の各工場に配布。必ずしも視認性が高いとはいえないアルミ銘板に記載された金型コードを一つひとつ確認しながら、金型の「あり/なし」をチェック、手書きで記入し、社判を押して、同社に返信するというフローだった。しかし、実際には、帳票の記載内容とは別の場所に金型がある、あるいは協力会社が間違った記載をしてしまう、など正確性にも問題があり、仕方なく再確認することも多かった。

金型管理の課題は、人手だけに頼っている間は解決できない、と考えた同社。

「ならば、人手を介さず、さらに草津工場にいながらにして、遠隔地にある全ての金型の所在把握とチェックを自動で実施できないか?と考え、ICT・IoTを活用した仕組みによって、根本から解決を図ろうとしました」(渡辺氏)

ただし、仕組み化には二つの条件をクリアーすることが必須であった。

「一つは世の中に広く普及しているインフラを利用すること。もう一つは、金型の情報をアプリで簡単に送信し、ログが生成できること。この二つは譲れない条件でした。ただし、いずれもパナソニックグループが保有する技術を使えば実現できるはず。そこで、情報部門担当である当社の業務プロセス革新センター、およびパナソニック ソリューションテクノロジーに提案し、一緒に取り組むことにしました。」(藤井氏)

藤井 博樹 氏

パナソニック株式会社 アプライアンス社
グローバル調達センター 草津購買部
購買ソリューション課 課長 藤井 博樹 氏

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。