モノづくり人材育成コース(ベーシック)

まず産業人として働くことの意味を再考し、その上で製造現場で力を発揮するための考え方・基本動作・スキルを身につけ戦力強化することが本コースの大きなねらいです。自分自身を耕し、ワクワクや不安を原動力へと進化させ、『モノづくり』の現場で培われたノウハウを学びながら、実践的な行動力を身につけます。

『モノづくり人材育成コース(ベーシック)』が実施する、6つの講義
聞く・知るだけではありません。討議し、行動し、自らの課題として演習する「実践型」公開研修です。 モノづくりから、人づくり、グローバルビジネスまで、実際のビジネスで培ったノウハウを余すところなく凝縮した公開研修。経験豊かなパナソニック社員が、講師を担当します。

【講義紹介】
モノづくり人材育成コース(ベーシック)には6つの講義があり、1講義につき6時間かけてじっくり学びます。
1コース6日間で、明日から活かせる実践力がしっかりと身につきます。

第1講:産業人の心構え

これからの日本の製造業を支える産業人として、仕事に対する心構え、報連相、PDCA、マナーなどがケーススタディやロールプレイングによって身につきます。

第2講:生産のしくみとモノの流れ

生産工程の基礎を理解し、5S3定(※1)・KY(※2)による快適で安全な職場づくりが学べます。

※1 5S:整理・整頓・清掃・清潔・躾  3定:定位置・定番・定量   ※2 KY:危険予知

第3講:原価の大切さと改善活動

原価の基礎知識を修得し、コスト意識を身につけます。また、工程改善によるコストダウンの必要性を学びます。さらに、在庫が経営に与える影響を理解できるようになります。

第4講:品質の重要性と導入基礎

モノづくり演習と基礎統計学を修得し、工程品質管理手法を体系的に学ぶことにより、現場改善力を身につけます。

第5講:モノづくりの流れと改善活動

さまざまな生産工程の基礎を学び、モノづくり演習によりサーブリック分析等の工程改善手法を身につけ、体験することによって 工場ロス(ムリ、ムダ、ムラ)を削減します。

第6講:理想の産業人をめざす自分化演習

講義で得た知識を明日からの実務にどのように活かしていくか、理想の産業人をめざし、知識を自分化します。

研修受講までのお手続き

研修受講までのお手続き

具体的なお手続きやサポート内容は、お手続き時にご説明申し上げます。

実質、研修費用を抑えられる、助成金申請を支援します。

現在募集中の公開研修
ただ今、下記の講座の受講生を募集中です。
 *最少定員に満たない場合は開催を中止する場合がございます。
 *都合によりコンテンツの一部が変更になる場合がございます。

【 モノづくり人材育成コース(ベーシック) 】

①日程:2017年6月29日(木)
①日程:2017年7月6日(木) 7日(金) 13日(木) 14日(金) 21日(金)の6日間
予定会場:京橋 大阪ビジネスパーク 松下IMPビル

②日程:2017年11月16日(木) 20日(月) 21日(火) 30日(木)
②日程:2017年12月1日(金) 7日(木)の6日間
予定会場:京橋 大阪ビジネスパーク 松下IMPビル

(各コース共通)
時間:10:00~17:00 (昼休憩1時間) 1日6時間
受講料:250,000円(税抜)/名
募集定員:15名
募集期間:定員になり次第、募集受付を締め切らせて頂きます。