ITSコラム

パナソニックの新たなITS

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 上席副社長 オートモーティブ事業担当

パナソニック株式会社
オートモーティブ&
インダストリアルシステムズ社
上席副社長
オートモーティブ事業担当
柴田雅久

当社は、クルマ向け車載デバイス、ドライバー向けHMI機器、交通インフラなどを組み合わせたトータルな交通環境をご提供できる数少ないメーカーのひとつです。
その強みを活かし、クルマとインフラが最先端のICTで相互に連携できる交通環境の実現を目指しています。
例えば、クルマに搭載されるセンサーの高度化はもちろん、クルマのセンサーでは捉えきれない情報を、クルマとクルマ、クルマとインフラの双方向通信により、ドライバーに最適なタイミングで周辺状況を知らせることで安全運転を支援する技術の開発を推進しています。

2016年6月、当社の横浜開発拠点の隣地に、当社専用の車両試験場が完成しました。
主に低速での実車走行試験・評価を行うことを目的としています。
この試験場の完成により、当社が開発した技術の迅速な評価・検証を加速してまいります。
こうした活動を積み重ね、誰もが快適・安全に移動できるモビリティ社会の実現に貢献してまいります。

パナソニックの新たなITSにどうぞご期待ください。

横浜開発拠点横の当社専用車両試験場

横浜開発拠点横の当社専用車両試験場