展示会報告: 『第14回 実装プロセステクノロジー展(略称:JISSO PROTEC 2012)』 に出展

「JISSO PROTEC 2012」が、一般社団法人日本ロボット工業会主催のもと6月13日~15日の3日間、東京ビッグサイトにて開催されました。

今回も「国際電子回路産業展(略称:JPCA Show)」と「マイクロエレクトロニクスショー」、「ラージエレクトロニクスショー」とのコラボレーションで開催され、4専門展全体で477社、期間中の来場者は34,000名を超えました。 当社は405平方メートルの展示スペースで参加企業中最大のスケールで出展。 今回は「Total Solutions for JISSO ~ 実装まるごとソリューション ~」をテーマに、設備導入~稼働支援~設備更新までトータルで、お客様のモノづくりをサポートする提案を紹介しました。

メインプレゼンテーション
Aコーナー

Aコーナー

Aコーナーでは、当社のフラッグシップモデルNPM-D/NPM-TTを連結し、生産性向上と省人化を実現する生産システムを提案。NPMフルデュアルレーン一貫生産システムによる「交互実装」、「独立実装」、独立実装と交互実装組み合わせた「ハイブリッド実装」などを提案。アウトプット最大化、省人化を実現するソリューションを紹介しました。

Bコーナーでは、NPM-Wへのプロセスヘッド搭載を軸に、高品質とコストダウンを両立する先端プロセス技術を提案。APCシステムと新コーナー接着剤工法を基軸とした一貫生産システムを紹介し、「工程削減・品質向上」を実現する手段を紹介しました。

Bコーナー

Bコーナー

NPMコーナー

NPMコーナー

Cコーナーでは、実装MESソフトウエアPanaCIM-EEと設備メンテナンス自動化を中心に電子部品実装工程のまるごと稼働支援を提案。小ロット化が加速する生産現場課題に対し、実装工程はもとより、実行前の「生産準備工程」、実行後の「実績管理工程」も含めた自動化・省人化ソリューションを紹介しました。

Cコーナー

Cコーナー

PanaCIMコーナー

PanaCIMコーナー