展示会報告: 『第18回 実装プロセステクノロジー展(略称:JISSO PROTEC 2016)』 に出展

 「JISSO PROTEC 2016」が、一般社団法人日本ロボット工業会(JARA)主催のもと、6月1日~3日の3日間、東京ビッグサイトにて開催されました。

パナソニックブース

パナソニックブース

 本展示会は「国際電子回路産業展(略称:JPCA Show)」、「マイクロエレクトロニクスショー」、「ラージエレクトロニクスショー」、「WIRE Japan Show」とのコラボレーションで開催され、5展示会全体で760社が出展、期間中の来場者は40,000名を超えました。

 当社は405平方メートルの展示スペースで、テーマを「Smart Factory Solution」とし、更なる 「高生産性」 「高品質」、「無人化・省人化」 の実現へ、ITと機器の融合/統合により、最適なQCD バランスのモノづくりをサポートできるよう、外段取り/メンテエリア~フロア制御&実装ライン~実装後工程エリアの工場全体にわたる提案を展示、お客様のモノづくりのお困りごとに対するソリューションを訴求しました。

 以下にコーナー別の訴求ポイントを紹介します。

A コーナー

 『スマートファクトリーソリューション』と題し、統合フロアマネジメントを核に、2016年の新商品である「プロダクションモジュラー NPM-TT2」、多目的印刷を実現する「スクリーン印刷機 SPV」および他社アライアンス品を実機展示。Ind4.0/多品種少量/変種変量生産への対応として、APC(Advanced Process Control)による自律型良品生産、実装MESソフトウェアPanaCIMを訴求しました。

A コーナーおよびメインプレゼンテーション

A コーナーおよびメインプレゼンテーション

B コーナー

 『自動化拡大ソリューション』と題し、異形部品挿入の自動化を実現した「異形部品挿入機NPM-VF」、生産性と汎用性を備えたワンマシンソリューションとして「モジュラーマウンター AM100」および「自動テープスプライシングユニット」、「フィーダー段取りナビ」、「部品供給ナビ」 「最終組立工程ソリューション」を展示、挿入/組立工程の省人化・自動化提案を紹介しました。

異形部品挿入機 NPM-VF

異形部品挿入機 NPM-VF

モジュラーマウンター AM100

モジュラーマウンター AM100

最終組立工程ソリューション

最終組立工程ソリューション

C コーナー

 『ライン アップグレードソリューション』と題し、既存設備の機能向上、既存及び他社設備とのM2M 連携によるラインアップグレードを紹介。「SPG の新機能」、「CM602-L 用サポートアイテム」で、お客様の生産性向上・実装品質向上をそれぞれ訴求しました。

高速モジュラーマウンター CM602-L

高速モジュラーマウンター CM602-L

フィーダーメンテナンスユニット

フィーダーメンテナンスユニット

NPM-DX コーナー

 『新世代ソリューション』をテーマに、2016年の新商品、高生産性・高品質の進化と省人化を実現する次期実装システム「モジュラーマウンター NPM-DX」、極小部品の最先端実装として0201実装工法およびサンプルを展示。また、実機デモンストレーションによる「自動復旧・無停止データ修正・リモート操作」、NPM-DX の無人化/省人化機能を紹介しました。

モジュラーマウンター NPM-DX

モジュラーマウンター NPM-DX

0201部品の実装工法

0201部品の実装工法