2010年9月22日
パナソニック ファクトリーソリューションズ株式会社

挿入基板/部品の対応力を拡大

ラジアル型電子部品自動挿入機に新機能を追加

さらなる生産性向上とコスト削減に貢献

品 名

高速ラジアル部品挿入機
RL131

高密度ラジアル部品挿入機
RG131

品 番

NM-EJR1A/NM-EJR2A

NM-EJR3A/NM-EJR4A

新機能

4ピッチ挿入、長尺基板対応、マルチ角度挿入

4ピッチ挿入、長尺基板対応

出荷開始

2010年9月

2010年9月

パナソニック ファクトリーソリューションズ株式会社は、プリント基板にラジアル型の電子部品を挿入する自動挿入機に新機能のラインアップを揃え、出荷を開始いたしました。挿入部品レンジの拡大、長尺基板対応、マルチ角度挿入の新機能が加わり、従来、手挿入や専用機で実施していた工程を取り込み、挿入品質安定化、工程統合で生産性向上、人件費削減が図れます。高い品質と生産性で、お客様に挿入工程における新たなソリューションを提供するとともに、TCO(Total Cost of Ownership)*1の削減に貢献して参ります。

*1 : 設備などの資産に関する、購入から廃棄までに必要な時間と支出の「総保有コスト」で、設備投資初期費用にランニングコストを合算したもの

特長

1.挿入部品レンジの拡大

1台で部品リードピッチ2.5mm/5mm/7.5mm/10mmの4ピッチ挿入が可能(業界初)

2.長尺基板対応

最大で幅650mm × 奥行き381mmの基板サイズまで搬送/全域の挿入穴認識および部品挿入が可能 *2(業界No.1 *3)

3.マルチ角度挿入(RL131のみ)

従来の4方向挿入に加え、1度刻みで360度全方向の挿入穴認識および部品挿入が可能

*2 いずれも基板端面のデッドスペースを除く  *3 : 2010年9月時点

【お問い合わせ先】

パナソニック ファクトリーソリューションズ株式会社

経営企画グループ 坂田

TEL:055-275-6786 FAX:055-275-6071

【開発の背景】

薄型テレビ・白物家電・電源ユニットなどのプリント基板の電源回路では、現在でも電解コンデンサーや抵抗など多くの挿入型電子部品が使用されております。また既存設備の老朽化、消費する電力やエアー量などの省エネ化、部品・基板の材料費削減といった視点からも、引き続き、電子部品自動挿入機分野に対する需要は、堅調に推移していくものと思われます。こうした中、手挿入や専用機で対応していた大型部品や通常の直角方向とは異なる斜め方向の挿入への対応、また薄型テレビの大型化に伴い従来の自動挿入機では対応できなかったより大きな基板など、さらなる生産性向上やTCO削減を実現する挿入機が、市場より求められております。

【特長】

  1. 挿入部品レンジの拡大
    • 1台でリードピッチ2.5mm/5mm/7.5mm/10mmの4ピッチ挿入が可能となり、従来、手挿入や専用機など別工程で実施していた7.5mm/10mmピッチ部品も取り込み、生産性向上や人件費削減が図れます。
  2. 長尺基板対応
    • 従来の当社自動挿入機の対象基板サイズは、最大で幅508mm × 奥行き381mmでしたが、幅650mm × 奥行き381mmまで搬送/全域の挿入穴認識および部品挿入が可能となり、生産性向上が図れます。*2
  3. マルチ角度挿入(RL131のみ)
    • 電球型蛍光灯やLED照明用の基板、部品の配置に制約がある基板などでは、斜めに部品を配置する場合、手挿入で対応するケースが多くありました。従来の4方向(0、90、180、 270度)挿入に加え、1度刻みの360度全方向に対し、挿入穴認識と部品挿入が可能となり、さらなる自動化で、生産性向上、人件費削減が図れます。また基板設計の自由度も向上し、設計効率の向上や基板の小型化による材料費低減が図れます。