新製品

2016年1月26日
パナソニック ファクトリーソリューションズ株式会社

高生産性と高精度を両立

大量生産~変種変量生産向け
プロダクションモジュラーの新モデルを受注開始

前後トレイ供給によりデュアルレーンでの完全独立実装を実現

品 名/機種名

プロダクションモジュラー/NPM-TT2

品 番

NM-EJM1E

生産性

36,000cph※1

搭載ヘッド

8ノズルヘッド、3ノズルヘッド

対象部品

0402チップ~L 120×W 90 or L 150×W 25 ×T 30mm

対象基板

デュアルレーンモード:50×50~510×300mm
シングルレーンモード:50×50~510×590mm

受注開始

2016年2月より

パナソニック ファクトリーソリューションズ株式会社は、プリント基板の実装工程において、電子部品の実装を行うプロダクションモジュラーの新モデルNPM-TT2(品番:NM-EJM1E)を、2016年2月より受注開始します。
各実装工場で生産される実装基板の生産量、使用される基板や部品の種類は多種多様で、個々の実装工場の生産形態や商品の特性に合ったモノづくりへの対応が求められています。また、市場変化に対応するために、商品のライフサイクル自身が短期化し、さらなる機種切り替え性の向上が望まれています。新型プロダクションモジュラーNPM-TT2は、これらの要望に応えるとともに、マルチ認識カメラの採用などで、大型異形部品実装の生産性を高めました。また、さらなる機能向上にも取り組んでいます。
当社は、実装工程におけるソリューションを提供し続けるとともに、TCO※2の削減にも貢献していきます。

主な特長

1.完全独立実装ラインの実現
2.大型異形部品の生産性向上
3.変種変量生産への対応力強化

【お問い合わせ先】

パナソニック ファクトリーソリューションズ株式会社
経営企画部 兼子 晃生
TEL:055-275-6786 FAX:055-275-6071
ホームページURL http://www.panasonic.com/jp/company/pfsc.html

特長の詳細説明

完全独立実装ラインの実現

NPM-W2デュアルレーンとの直接連結が可能になり、前後トレイ供給でのデュアルレーン完全独立実装を実現しました。これにより、大量生産~変種変量生産まで最適なライン構築が可能になりました。

完全独立実装ラインの実現
大型異形部品実装の生産性向上

マルチ認識カメラの採用により、大型異形部品実装の生産性を向上させると共に、NPM-D3、NPM-W2との認識データの一元化を図りました。

変種変量生産への対応力強化

シングルトレイと17連交換台車の交換がユーザーで可能になったことにより、トレイ部品とフィーダー部品の比率変動に、柔軟に対応可能となりました。

※1 cph:最適条件でのchip per hour 1時間に実装できるチップ数
※2 TCO:Total Cost of Ownership 設備などの購入から維持、管理などにかかる費用の総額

プロダクションモジュラー NPM-TT2

プロダクションモジュラー NPM-TT2(NM-EJM1E) 外観写真