新製品

2016年5月25日
パナソニック ファクトリーソリューションズ株式会社

自動化未対応部品の実装工程を革新

NPM共通プラットフォームの
新異形部品挿入機を受注開始

大型・異形部品挿入の高生産性・汎用性・高品質モノづくりを実現

品 名/機種名

異形部品挿入機/NPM-VF

品 番

NM-EJR9A

生産性

4,500cph※1(当社条件による)

搭載ヘッド

ボディチャック、ノズル、リードチャック、スイングノズル

対象部品

L 5 X W 5 X T2.5 ~ L 130 X W 35 X T 60mm

対象基板

標準:50×50~510×460mm
アンビル仕様(オプション):50×50~460×400mm

受注開始

2016年4月22日より

パナソニック ファクトリーソリューションズ株式会社は、プリント基板の実装工程において、電子部品の実装を行う異形部品挿入機の新機種NPM-VF(品番:NM-EJR9A)を、2016年5月より本格受注開始しました。
各実装工場で生産される実装基板の大型・異型部品は、寸法・形状・荷姿などが多種多様なため自動化が困難で、作業者による手挿入の工程が必要となっていました。また、昨今では人件費の高騰、人材不足の顕在化により、コスト低減のための省人化や品質向上のための自動化などのニーズがより一層高まっています。新型異形部品挿入機NPM-VFは、こうしたニーズにお応えするため、異形部品の自動化と同時に、高生産性、汎用性、高品質を実現しました。当社は、実装工程におけるソリューションを提供し続けるとともに、TCO※2の削減にも貢献していきます。

主な特長

1.異形部品の手挿入工程を自動化
2.大型部品・異形部品に幅広く対応
3.高生産性、汎用性、高品質モノづくりの実現

【お問い合わせ先】

パナソニック ファクトリーソリューションズ株式会社
経営企画部 兼子 晃生
TEL:050-3487-3587
ホームページURL http://www.panasonic.com/jp/company/pfsc.html

特長の詳細説明

1.異形部品の手挿入工程を自動化

(1)手挿入工程をNPM-VFで自動化し、省人化に貢献します。
(2)スタンドアローンでの単体生産はもちろん、挿入機ラインにインライン化して生産することが可能です。さらにSMTラインへのインライン化も開発中です。

2.大型部品・異形部品に幅広く対応

(1)当社は1968年に世界初の電子部品挿入機を開発して以来、約半世紀にわたる挿入技術の蓄積があり、その技術を進化させNPM-VFを開発しました。
(2)従来の挿入機対応部品寸法と比べ、大幅に対応力を向上し自動化を促進しました。
RL132:L 22.5 x W 14 x H 26㎜ ⇒ NPM-VF:L 130 x W 35 x H 60

3.高生産性、汎用性、高品質モノづくりの実現

(1)高生産性

  • 2ビーム(2ヘッド)交互挿入動作により最高タクト0.8秒(当社条件による)の高速挿入を実現しました。
  • 生産中に部品の補充が可能なスティックフィーダー、ラジアルテープフィーダー、トレイフィーダーなどにより、ノンストップ生産を実現しました。

(2)汎用性

  • 4種類のヘッドモジュール(ボディチャック、ノズル、リードチャック、スイングノズル)を1ヘッドあたり最大3種搭載し、多様な部品のハンドリングに対応しました。
  • 4種類の部品供給部(スティックフィーダー、ラジアルテープフィーダー、トレイフィーダー、ボウルフィーダー※3)により、多様な部品の供給に対応しました。

(3)高品質モノづくり

  • 基板マーク/基板穴認識による基板位置補正、部品リード/外形認識による部品位置補正、部品検査機能により、実装品質を向上しました。
  • アンビルユニット※4により、挿入済部品のリードをカット&クリンチすることで、部品の脱落や浮きの防止、部品姿勢の安定化を図り、基板品質を向上しました。

※1: cph:chip per hour 1時間に実装できる部品数
※2: TCO:Total Cost of Ownership 設備などの購入から維持、管理などにかかる費用の総額
※3: 個別仕様
※4: オプション

対応部品一覧図
異形部品挿入機 NPM-VF 外観写真(NM-EJR9A)

異形部品挿入機 NPM-VF 外観写真(NM-EJR9A)