燃料電池単セル評価装置

特徴

  • Panasonicの家庭用燃料電池開発で培われた高い測定安定性
  • 初期特性評価から長期耐久評価まで自動で安定測定が可能
    (可燃ガス対策設計、及びセルの保護機能搭載)
    (条件設定用PCには、高信頼性PCを採用、運転制御にはPLCを別途搭載)
  • 背圧機能搭載で、定置用からポータブル、車載用まで幅広く対応
  • 高露点精度 : セル入り口露点 ±0.5℃ を保証
  • 加湿水供給系は二重で構成、供給ガスの露点安定性を保証
  • コンタミ対策は、ガス供給系統内の特殊コーティングにより信頼性の高い長期期耐久評価が可能・ 自動運転モード、マニュアルモード搭載で各種の実験条件に対応
    (外部測定機器、接続機能搭載)

主要スペック

装置形状 重量

幅:1,250 奥行き:1,250 高さ:1,900 (突起物除く) 重量 約300kg

電源容量

単相 200V 30A (50/60Hz)

対象ワーク

JARI セル等 ( PEFC型 評価用セル )

電力負荷

660W

電流負荷

100A MAX ±0.1%FS

電圧負荷

30V MAX ±0.2%FS

露点精度

±0.5%FS

供給ガス

アノード

H2

0.02~1SLM

±0.5%FS

N2

10~500SCCM

±0.5%FS

CO2

10~500SCCM

±0.5%FS

Air

10~500SCCM

±0.5%FS

カソード

N2

10~500SCCM

±0.5%FS

O2

0.02~1SLM

±0.5%FS

Air

0.1~5SLM

±0.5%FS

電圧、電流範囲

電圧

0~2V

電流

0~132A

背圧自動制御範囲

アノード

流量

0.05SLM~1SLM

背圧

40kPaG~160kPaG

精度±4kPaG

カソード

流量

0.1SLM~1SLM

背圧

20kPaG~160kPaG

精度±4kPaG