エンジニアインタビュー

モノづくりの現場は、毎日が進化の連続です。エンジニアたちは、技術力や課題設定・解決力、そして、先輩、仲間たちのサポートによって将来を見通した課題・目標を明らかにし、コスト・品質・効率性に優れた解決策を実践しています。まさにやりがいにあふれた毎日です。テクノロジーの進化を、モノづくりソリューションにつなげていくスペシャリストたちのナマの声を集めました。

設計・CAE

上田 敏秀
2006年度入社

「メンバーとやりがいと喜びを共有できる」

現在の仕事はロボット関係の開発機(医療・福祉関係のロボット)や燃料電池などの性能評価装置の開発を担当しています。機構系の設計を担当しながらモノづくりのプロジェクトリーダーも担当していますので、メンバーと一緒になってモノづくりの難しさを実感しながら仕事を進めています。

メカ設計は、機構や構造といった機械の中枢です。特にロボット関係は、小型化・デザインといった開発を進めるために高い技術とセンスを要求されるので、難しくもありますが自分の考えが取り入れられた時の喜びも大きいです。また燃料電池の評価設備は稼動部分があまり無く装置内で化学反応をともなう装置なので、発電の仕組みなど見えない部分での難しさがあります。その分、研究者との論議で自分(技術者)からの見解などが理解された時は喜びもひとしおです。このように技術者として困難と向き合いながら、各分野のメンバーと一緒になってモノづくりを成功させることは、やりがいに繋がり、また一番の喜びにもなります。

「技術者としてスキル向上を図ることができる」

パナソニックグループの中でも生産設備の開発や支援を担っており、技術者としてスキルを上げるための設計対象やツールが魅力的であったことと、採用時に自分の技術力(構想力、設計力、設備技術)を十分に認めてもらえたことが入社の決め手です。

学生時代は、なかなか自分の仕事に対する信念などはできないものです。私自身、色々な仕事を通じて、今の自分があると感じています。将来、自分がどんなことをしたいのか、自分の未来を想像して仕事、企業を選ぶことが大切です。まずは、自分のスタンスをハッキリさせた上で、仕事もプライベートも考えることが重要です!

齊藤 洋
2002年度入社

「開発した設備で生産する製品が世界中に流通している」

私は世界中の工場で稼動する生産設備の開発を行っています。これまで、人手によって組み立てられていた製品の自動化や生産ラインの高生産化を目的として、設備の構想設計から導入までを担当しています。具体的には、制御設計やソフトウェア開発、導入先での調整まで多くの人々と協働しながら、パナソニックのモノづくりに貢献する楽しさを日々実感しています。

例えば数年前、プリント基板にロボットで特殊部品を装着する生産設備開発に携わったときのことです。当時は人手による生産工程でしたが、24時間生産可能な自動化設備に移行することになりました。これまでにない新しい技術を盛り込んだ設備だけに、開発中は多くの苦労を伴ったことを記憶しています。設備が安定稼動し、特殊部品が装着した製品を生産できたときは、これまでの苦労が報われたと喜びを感じました。その後、この設備は新聞にも取り上げられ、現在も多くの製品を世界市場に展開しています。

「最先端のモノづくり技術に挑戦できる」

最先端の技術を通じて世界中の工場を支援し、地球の未来と社会の発展に貢献するという使命に惹かれました。モノづくり技術には終わりはなく、絶えず新しい技術・領域へのチャレンジが必要です。そんなチャレンジ意欲を尊重し、目標に向かって挑戦・努力する社員を支援する制度が充実、風土が醸成していると説明会で聞きました。最先端のモノづくりに向かって組織で個人を支援する「夢を実現できる会社」が入社の決め手です。

最後に、自分は「将来何をしたいのか」「どんな技術者になりたいか」をじっくり考えてみてください。その志を軸に、様々な企業を見て聞いて、納得するまで決して諦めることなく就職活動に取組んでください。また採用試験などでは、自分をアピールすることも大事ですが、その企業に人一倍興味を持って臨むことをお勧めします!

坂本 耕司
2008年度入社

「パナソニックの最新技術を導入した設備設計を担当」

私はパナソニックグループの商品を生産する設備の設計を担当しています。最近では、スマートフォンやタブレット端末向けのLiイオン電池、太陽光発電の太陽電池パネルなどの最新の商品を生産する設備や次世代テレビの試作検証装置など製品化を実現するための最先端技術を扱う装置まで様々な設備や装置を設計しています。

新製品の生産設備は、最新の技術を取り入れられており今まで経験したことのないトラブルに出くわすことがあります。しかし、経験豊富な設計の先輩はもちろんのこと社内には設計のプロフェッショナルから加工・組立のプロフェッショナルまで幅広い分野の技術・技能を持った方々が多く在籍しているので問題にぶつかったときは色々と相談できます。解決の糸口をつかむことで解決が困難だと思われた問題を解決し、無事に設備が仕様通りの能力を発揮したときの感動は忘れられません。

「最新の設計環境や技術情報など技術者として成長していける環境」

オリジナルにカスタマイズした3D-CAD、各種メーカーの最新情報、経験豊富な先輩方など技術者として成長していける環境が整っていることと、同じ敷地内で設計した設備を組立・調整しているため自分が設計したものが形となって動いている様子を直接見て、触れることができることが当社の魅力だと思います。

学生の方に関しては勉強にしろ遊びにしろ学生だからできることがたくさんあると思います。今思うと、学生時代にやっておけばよかったということが色々とあります。きっと、皆さんも社会人になった際には同じ思いになると思います。その思いが少しでも少なくなるように勉強や遊びなど色々なことを思いっきりやってください!

国吉 こずえ
2012年度入社

「お客様から感謝の言葉をいただけたときの充実感」

私は家庭用燃料電池の開発に携わっています。主に構造解析を担当し、部品の強度計算などを行っています。解析とは、設計する際の1つのツールであり、いわゆるコンピュータ上での試作実験です。解析を活用しながら設計することにより、開発期間の短縮や試作コストの削減、設計品質の向上などの効果が得られるため、特に新しい商品・設備を開発する際には、とても重要となる業務です。

また実現象をどのようにモデル化するか、出力された結果が正しいかどうか、なぜそうなったのかなどを「考察」する能力も重要です。そのため材料力学などの物理の知識と、これまでの経験が必要不可欠で、入社してからずっと勉強の毎日です。

解析で得た結果をもとに設計が進められていくため、自分の考察が本当にあっているのか不安に感じる時もありますが、先輩に丁寧にご指導いただきながら、なんとか日々の業務をこなしています。そんな中、解析結果と実験値がぴったり一致した時や、お客様から「ありがとう」と言っていただいた時、この仕事に就いてよかったと心から感じます。

「解析業務で最先端のモノづくりに貢献できる」

私は学生時代に学んだ数学の知識を活かした仕事に就きたいという想いから、解析部門がある企業にこだわって就職活動しました。特にこの会社は、パナソニックグループとして最先端の商品開発・設備開発に携わっており、好きな解析業務で最先端のモノづくりに貢献できるのが、とても魅力的でした。また、とても優秀な先輩が多く、この環境で自分も技術を磨きたい、という想いから、この会社を選びました。

ただなんとなく、で就職活動すると、どんな会社でも入社後とても苦労します。自分に何ができるか、ではなく、何がやりたいか、が重要です。今のうちに自分のやりたいことを明確にし、情報収集を怠らないでください。「会社に選んでもらう」のではなく、「自分が会社を選ぶ」という姿勢が大切です。