電子デバイスプロセス

(電子部品実装・マイクロエレクトロニクス実装関連)

沿革

豊富な経験をベースに、新たな実装の歴史を創ります。

旧松下電器産業FA社

旧九州松下電器FA事業部

1963年

生産技術研究所設立

1967年

生産技術事業部発足

1968年

パナサート1号機開発

1975年

精機事業部発足

1977年

FA機器 外販開始

1978年

MASTEC(S’pore)設立

1980年

電子部品装着機生産開始

1982年

表面実装装置生産開始

1984年

デバイス組立装置生産開始

1985年

甲府工場 操業

1987年

外観検査装置生産開始

1988年

PFA社(北米)発足

1990年

FA事業部へ名称変更

1991年

鳥栖工場 操業

1992年

FPD組立装置生産開始

1993年

半導体実装機開発

半導体組立装置生産開始

1998年

創薬ロボット事業へ進出

2000年

パナサート生産累計30,000台

2001年

FA社設立

2002年

旧松下電器部品FA機器BUと一体化

パナソニック ファクトリーソリューションズ株式会社設立
Panasonic Factory Solutions Suzhou Co.,Ltd.(PFSS)を中国(蘇州)に設立

パナソニックFSエンジニアリング(株)設立
Panasonic Factory Solutions Europe GmbH(PFSE)をパナソニック インダストリーヨーロッパより編入

PFA社をPanasonic Factory Solutions Company of America(PFSA)に社名変更
MASTECに地域統括機能を編入しPanasonic Factory Solutions Singapore Pte. Ltd.(PFSSG)に社名変更

パナソニック ファクトリーソリューションズ設立以降

2008年

PFSSG をPanasonic Factory Solutions Asia Pacific Pte.Ltd.(PFSAP)に社名変更

2011年

豊中事業所を開設

2012年

1月1日 マニュファクチャリングソリューションズ社 発足
PFSS 新工場 開業

2013年

4月1日 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 発足

交通アクセス

本社・モノづくり拠点

本社・北門真事業所

門真市駅(京阪)より徒歩5分

豊中事業所

阪急電車(宝塚線)庄内駅下車徒歩8分

甲府事業所

甲府駅(JR)よリタクシー20分

福岡事業所

連結対象会社

会社名

日本

シンガポール

蘇州松下生産科技有限公司

中国

米国

パナソニック溶接システム唐山有限公司

中国

パナソニック溶接システムインド社

インド

テラダイオード社

米国

日本

事業場一覧:国内拠点

※製品以外のお問い合わせは、代表電話にて承ります 06-6862-1121

拠点

住所

部門

連絡先

北門真

〒571-8502
大阪府門真市松葉町2番7号

CS

ロボットFAシステム関連
電動ドライバー関連

06-6905-1539

豊中

〒561-0854
大阪府豊中市稲津町3丁目1番1号

営業

電子部品実装関連システム

06-6866-8675

デバイス関連システム
ディスプレイ関連システム

06-6866-8630

ドライエッチ (プラズマ機器)

06-6866-8630

超高精度三次元測定機
パラレルリンクロボット

06-6866-8125

甲府

〒409-3895
山梨県中巨摩郡昭和町紙漉阿原1375番地

CS

デバイス関連システム
ディスプレイ関連システム
ドライエッチ(プラズマ機器)

055-275-7886

補修部品

055-275-6981

福岡

〒812-8531
福岡県福岡市博多区美野島4-1-62

CS

電子部品実装関連システム

092-477-1205