新入社員企画

先輩社員座談会①

新入社員同期編
ソリューション営業 鈴木健
ソリューション営業 中村友紀
フロントSE カマラ・ママドウラミン
フロントSE 三嶋梓

同期の魅力とは?

— 今回は2013年度新入社員の同期に集まってもらいました。同期の雰囲気や印象、エピソードなどを教えてください。

鈴木 同期が86人いますが、奇跡的にみんな仲が良く結束力が強いのが特徴だと思います。プライベートでは、今も首都圏配属の同期とは飲みに行ったり、夏には30人くらいで花火やBBQをしたりもしました。配属されて全国で頑張っている同期とも、また全員で集まって研修の思い出や仕事について飲みながら語りたいです。

中村 同期の印象は“意識が高くアツイ”。研修中には業務時間後に勉強会を開催し、自分たちで商材やパナソニックに関して発表しあったりもしました。また、研修や打ち上げの出し物など、何事にも全員で協力して真剣に取り組んだりと、向上心が高い同期に出会えたことを誇らしく思っています。

座談会写真

カマラ 働く上で同期はとても大事な存在。仕事の悩みや先輩に言えないことでも一番相談しやすくて、理解してくれるのは同期です。

三嶋 研修で寝食を共にしたりもして、何でも相談したり励ましあったりできる大事な仲間です。配属後も早く一緒に仕事ができるくらい一人前になろうと、それぞれ頑張っています。

新入社員研修について

新入社員研修について

— 沢山の研修を受けてきましたが、印象に残っているものはありますか?

中村 導入研修です。チームに分かれ、同じ目標を持ってチーム一丸となり取り組むことが多く、チームの中での自分の特長を生かすためにはどうすればよいかを考える良い機会でした。同じチームの同期と深い絆を築けた研修なので、大変印象に残っています。

カマラ 研修では、“ものをつくる前に人をつくる”との創業者の考え方を理解できました。良い人、信頼できる人が社会に貢献できるのだと感じました。

— 研修で苦労したことは?

鈴木 グループワークでの研修が多く、同期の仲間と意見を出し合い討論する機会があったのですが、時には意見がぶつかってしまうこともありました。ただ、互いに自分の意見を大切にし、相手の意見にも耳を傾けることを意識して討論できた事は自分の力になっていると思います。

三嶋 文系出身でコンピュータやシステムについて初めて勉強したので苦労しました。毎日新しいことづくしで吸収するのが大変でしたが、研修中や休憩時間にも経験者の同期に教えてもらったり励まされたり、一番充実した期間でもありました。

今後に向けて

座談会写真

— 今後に向けての抱負をどうぞ!

鈴木 私の担当するお客さまはインフラ分野であり社会への影響も大きく、人々の生活を支えています。お客さまのビジョンに共感し、パナソニックでしかできない貢献を実現していきたいです。

中村 お客さまとの信頼関係をしっかり築き、今までにない世の中の“当たり前”を作っていける営業を目指して頑張ります。

カマラ Everyday, a new knowledge.
まずはインプットしている知識を早くアウトプットできるように。

三嶋 まずはしっかりとSEとしての基礎力を身につけなければなりませんが、お客さまの仕事・サービスそして私たちの生活の仕組みを変えるシステムを実現することが今後の目標です。