新入社員企画

2015年度入社社員が取材『さまざまな社員の働き方』

システムソリューションズジャパンカンパニーは全国に拠点を構えており、 各拠点によって働き方も様々である。
関越社で営業として働く白川さんと中村さんに、地域社ならではの特色や魅力を聞いた。

マルチな対応を行う地域社

中村 私は、防災無線システムをメインで扱う公共営業を担当しています。その他にも、自治体や警察、教育業界のお客様も担当しています。

白川 私は、工場や大学など幅広い業界のお客様に音響映像機器の提案を行っています。
首都圏では、個人が担当する業界とそのお客様が明確化されていますが、私や中村くんが働く地域社では、人数が限られているので、多種多様な業界を担当しなければなりません。これは首都圏と地域社の大きな違いだと思います。
仕事の幅も広く、営業でもSEが作るような提案書を作成したり、お客様が困っていれば、保守部隊が行うようなトラブル対応をすることも多々あります。これは全て、お客様を待たせないことを第一に考えての行動で、マルチな動きが必要だと感じています。

中村 私はまだ入社2年目ですが、想像していた以上に多くの場面を経験しました。その度に知識の幅が広がり、スキルも向上していると感じています。

白川 大変な部分もありますが、『知識やスキルが身につく=それだけたくさんの人と関われる』ということです。そして、その人達と関わるほど自身の人生感を深く養うことができ、人としても大きく成長できていると感じています。

地域社の魅力

中村 仕事をしていて感じているのは、連帯感が強いということです。地域社は人数が少ない分、みんな仲が良いので、仕事の相談はもちろん、趣味のことまで何でも話せる温かみのある職場の雰囲気があります。

営業の魅力

中村 私が感じる営業の魅力は、お客様が悩んだとき、1番はじめに相談してもらえるのが自分であるということです。『お客様に信頼されている!』という自信がつきました。

白川 私は、提案・導入したシステムでお客様の生活を豊かにし、お客様からの信頼をいただきながら、さらに新しい提案を生み出せることだと考えています。私が営業として働く上で意識しているのは『自社の利益を優先するのではなく、お客様と共に問題解決に取組む』ということです。 営業というと、販売を上げることが重要で毎月のノルマに追いかけられて大変だという印象を持っているかもしれませんが、私たちが目指しているのは目先の販売ではありません。お客様と長期的なお付き合いをすることで、何がお客様の課題で、それを解決するためのシステムは何かを模索し、提案すること、それが私たちの使命だと考えています。

みなさんへのメッセージ

中村 私は、「自分の軸をしっかり持ち、自分らしさを出すこと(=本音を言うこと)」を意識して就職活動をしていました。自分の本音を伝え、それに耳を傾けてくれる企業であれば、入社してからも働きやすいはずです。是非、自分に合った企業を探してくださいね!

白川 みなさんが気にする学歴は、社会に出ればほとんど関係なくなります。元気で明るく、やる気があれば必ず希望する企業に就職して活躍できるはずです。これからの日本を支える元気な新入社員と一緒に仕事ができることを楽しみにしています!