キヤノンマーケティングジャパン株式会社様
スキャナーバンドルソフト 採用事例

キヤノンのカラーイメージスキャナ「CanoScan」のバンドルソフトとしてパナソニック ソリューションテクノロジーのOCRソフト「ファイル管理革命Lite」を採用

システム導入前の課題・テーマ

  • スキャナーの活用用途を広げるバンドルソフトの開発
  • ドキュメントの二次活用を可能にするOCR技術の搭載

スキャナーの新しい可能性

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
スキャナ商品企画課
チーフ 川上雅誉氏

2005年のスキャナー販売台数で、国内シェアTOPを誇るキヤノンのカラーイメージスキャナー「CanoScan」には、当社の開発するファイリングソフト「ファイル管理革命Lite」が標準バンドルされている。

「ファイル管理革命Lite」はスキャナーから読み込んだ画像、書類などをバインダー感覚で簡単にファイリングするソフトだ。
国内有数の総合デジタル機器メーカーのキヤノンは、なぜ当社の技術を採用したのだろうか。

「私自身がこんなソフトを使ってみたかったんです」
キヤノンマーケティングジャパン株式会社で「CanoScan」のマーケティングを担当する川上氏はこう話を始めた。

「スキャンデータをどうやって二次活用するか、それが今のスキャナーの課題です。かつては、フィルムのデジタル化がスキャナーの用途の中心でしたが、現在では、紙文書や趣味の作品のデータ化など、さまざまな用途でスキャナーは利用されています。これらの形式の異なるスキャンデータを上手く活用するためには、新しいバンドルソフトの開発が必須でした」

「実際のソフトの開発に際しては、スピーディで快適な操作性を重視してもらいました。専用のアプリケーションを立ちあげなくてもファイルの中身が閲覧できたり、バインダー感覚でファイルが整理できるなど、ユーザーがストレスを感じることなく、手軽に使いこなせることで、活用の幅も広がります。そして、私たちの要望に柔軟に対応していただいた結果、サムネイルやビューアー機能、ドラッグ&ドロップによるファイリングなど、充実した機能が実現できました」

OCRをもっと気軽に

多くの画像と書類などを管理するために、「ファイル管理革命Lite」では、検索機能も搭載している。ファイル名や作成日、キーワードなどでファイルを見つけられる他、PDFなど特定のファイル内の文字列を検索することも可能である。

川上氏はOCR機能について次のように語った。
「『CanoScan』では、以前は、他社メーカーの活字カラーOCRソフトをバンドルしていましたが、圧倒的な高い認識精度が決めてとなり、『読取革命Lite』を採用させていただきました。次に、ファイリングソフトとして採用させていただいた『ファイル管理革命Lite』では、お料理レシピをスキャンして、材料をキーワードに検索したり、デジタルカメラのデータをExif情報で検索するなど、OCR技術をもっと身近にご活用いただくことができます。そして、さらに、『読取革命Lite』との連携機能を使えば、ファイル中の抽出されたテキストデータを編集することもできます」

川上氏は、さらに話を続けた。
「整理/閲覧/検索/編集機能を備えた『ファイル管理革命Lite』は、私が思い描いていた理想のバンドルソフトです。読取革命シリーズで培った、パナソニック ソリューションテクノロジーの確かな開発力と経験が生かされ、このソフトが実現できました。ご購入後のお客様へのアンケートの中でも、『ファイル管理革命Lite』についてはご好評いただいており、Lite版から製品版に乗り換えるお客様もいらっしゃるようです」

ライフスタイルに合わせた用途提案

最後に、川上氏に今後の展開について聞いた。「スキャナーの活用方法は、お使いいただく方によって、千差万別です。私たちは、1年を通して、より多くのシーンでスキャナーをご活用いただくために、今後もさまざまな用途のご提案を行っていきます。高品位で利便性に優れた“ファイン・ファイリング”を目指し、今後もパナソニック ソリューションテクノロジーさんと協力して、新たなバンドルソフトを生み出していきたいと思います」

採用商品紹介

■ ファイル管理ソフト「ファイル管理革命Lite」

スキャナー、マルチファンクションプリンターのバンドルソフトとして開発された製品版「ファイル管理革命」の機能制限バージョン*1です。
「ファイル管理革命Lite」では、スキャナーから読み込んだ画像やQRコード*2、パソコン内に保存されている画像または文書ファイルを読み込み、ファイリングすることができます。読み込んだ画像や文書ファイルは、サムネイル表示でわかりやすく閲覧でき、充実した検索機能を使って目的のファイルをすばやく探し出すことが可能です。また、当社OCRソフトの「読取革命Lite」および製品版「読取革命」との連携により、高度なOCR機能をご利用いただけます。

■ 日本語・英語活字カラーOCRソフト「読取革命Lite」

スキャナー、インクジェット複合機のバンドルソフトとして開発された製品版「読取革命(活字OCRソフト)」の機能制限バージョン*3です。紙媒体に印字された原稿(資料・書籍・雑誌・新聞など)をスキャナーやデジタルカメラなどから画像データとして取り込み、高精度な文字認識機能(OCR処理)*4によって編集可能なWordおよびテキストファイルへ変換することができます。

*1 「ファイル管理革命Lite」は、バンドルソフトとして開発されたため、販売はいたしておりません。
*2 QRコード認識は、Ver.2.00以上のみの機能です。
*3 「読取革命Lite」は、バンドルソフトとして開発されたため、販売はいたしておりません。
*4 文字認識において、原稿の状態、フォント、文字の大きさなどのさまざまな条件や操作上の設定によって、認識精度に差異が生じる場合があります。

採用技術紹介

■ パナソニック ソリューションテクノロジーのOCRテクノロジー

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社は、国内でTOPレベルのOCR(光学式文字認識)技術を有しています。特に、日本語活字OCRにおける認識精度の高さは、他社の追従を許しません。このOCR技術を活用してさまざまな商品の供給を行っています。また、この技術の活用を求める企業との多彩なアライアンスも展開しています。

お客様紹介:キヤノンマーケティングジャパン株式会社様

日本市場におけるキヤノン商品の販売、サービス、マーケティングを統括。キヤノン商品を中心に、お客さまのニーズに柔軟に対応できるソリューション提案ときめ細かいサービス&サポートをグループ全体がひとつになって提供している。

※ 記載されている社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)