先輩社員紹介 システムエンジニア職(開発)

お客様の声を直接、システム開発に反映できるところにやりがいを感じる。

仕事内容を教えてください

入社以来、自社製品のひとつである、「PatentSQUARE」に関わるソフトウェア開発を担当しています。配属当初は、商品知識だけでなく、特許法やプログラミング言語など業務に必要な知識を身に付けることからスタートし、今では、新規機能開発の一部や小規模なカスタマイズも任されるようになりました。

エンジニアとして最もやりがいを感じるのは、何といっても自分が作ったものをお客様に使っていただき、ご満足を引き出せた瞬間ですね。そして、自分が力を尽くすことでお客様に貢献できたときには、大きな達成感が得られます。私たちの部署は、他の部署とは異なり、営業、開発、運用サポートが一体となっているため、エンジニアである私も、お客様が抱える課題やニーズを生の声として聞くことができます。お客様の声を自らの手でシステムに反映し、その後のお客様の反応を直に感じ取れることも、やりがいを感じられる大きな要因の一つだと思います。

入社の動機と社風について

私は大学院で、“知識”や“ソリューション”の発見を手助けする研究をしていて、その時Javaの基礎知識を学んだことがきっかけでIT業界に興味を抱くようになりました。そして就職活動の際に、学校推薦で当社を知り、企業向けのソフトウェア製品をたくさん保有しているということ、また学生時代に学んだ知識が生かせるということが、入社の動機になりました。

当社の社員にはまじめな人が多いという印象があります。そして、長い歴史の中で培ってきたパナソニックならではの、良い意味での厳格さを感じることも。しかし、社員同士のコミュニケーションは活発で話しやすく、若手でも率直に意見を言える良さがあります。また、一緒に働いている先輩は優秀な方ばかりですので、今後、自分が成長していくうえで、先輩方の仕事に対する姿勢や考え方から、より多くのことを学び取っていきたいと思います。

これから入社される皆さんへ

私がエンジニアとしてこれまで担当してきたことは、製品の機能開発やテストです。ソフトウェアエンジニアとしての全体的な役割を考えれば、まだまだ駆け出しの段階にあり、学ぶべきことは山ほどあります。いずれにせよ、自分の持てる力を最大限に発揮して、お客様により良いサービスを提供できるようになることが目標です。
就職活動中の皆さんに、仕事を選ぶときに大切にしてもらいたいことがあります。それは、考えただけでワクワクするような、本当にやりたいと思える仕事を選ぶこと。
そうすれば、社会でさまざまな困難にぶつかったとしても、きっと乗り越えていくことができると思います。
また当社のようなIT企業に対して、たとえば文系学部出身の方などは、興味はあるけれど、知識も経験もないため、挑戦する勇気がないと感じているかもしれません。でも、そんな心配は無用。というのも、2カ月間の新入社員研修があり、現場に配属されてからも先輩がOJTで丁寧に指導してくれますので、安心してください。もし何か失敗をしたとしても、何もせずに後悔するよりも、まずはやってみることが大事だと思います。ITや特許などに、少しでも興味のある方はぜひ一緒に働きましょう。

PatentSQUAREとは

PatentSQUARE(パテントスクエア)はパナソニックが企業向けに提供している特許調査支援サービス。
初心者から特許調査専門家まで幅広いユーザに高品質の調査環境を提供するのが特長。