採用責任者からのメッセージ

松下幸之助の『ものをつくる前に人をつくる』。
この信念をベースに、社員の皆さんの成長と飛躍をサポートしたい

お客様の課題に真摯に向き合う企業として

私たち、パナソニック ソリューションテクノロジーはBtoB向けのクラウドサービス事業を中心にお客様の課題解決に取り組むICTソリューション企業です。 1988年の創業以降、時代のニーズに応じて商品ラインナップを順次拡充してきました。そして現在、製造、教育、物流・流通などのさまざまな分野のお客様に対して、システム・インテグレーションやアプリケーション構築の技術、そして、業界・業務知見・ノウハウを組み合わせ、「働き方変革」「ビジネスプロセス変革」「IoT、ビッグデータ活用によるビジネス創発」を実現していただくためのお手伝いをしています。

ICTの活用が当たり前のこの時代に、お客様の課題解決のために私たちは何ができるでしょうか?お客様ごとに異なるさまざまな課題一つひとつに耳を傾け、創造性を刺激し、新しいビジネスモデルにつながるインサイト(核心)を獲得するための仕組みをお客様とともにつくることである、と私たちは考えます。

前例のないことにチャレンジし、周囲を巻き込む力が必要。

そんな時代に私たちが求める人物像とは――。 最適なICTソリューションを提供するためには、お客様とのコミュニケーションが必須です。お客様の懐に入り、本音を引き出せるような人材を求めています。 では、具体的にどんな行動ができる人なのかを紐解いていきましょう。今までに前例のないようなことでも自ら積極的にチャレンジできる「課題設定力」、現状の問題を分析でできる「現状把握力」、また、予想外のことが起こっても毅然と対応できる「遂行力」が欠かせません。 また、私たちは一人で仕事をすることはなく、必ずチームで目的達成に向かって動きます。そうしたことからも、人を上手に巻き込んで業務を進めていける「協働力」が必要となります。とはいえ、学生時代からこれらの能力をすべて身につけている人は少ないでしょう。ですから、いずれ将来、先に延べたような力を身につけたいと思っている人には、ぜひチャレンジしていただきたいですね。

当社にとって、“社員=最大の財産”。

パナソニックグループの創業者である松下幸之助の言葉にこんなものがあります。
『ものをつくる前に人をつくる』。この言葉には、事業を成功に導いていくためには、まず人材を養成しなければならないという想いが込められています。そして、創業したばかりのベンチャー企業の時代から、“社員=最大の財産”という考え方を引き継いで今に至っています。
私たちは会社として、社員一人ひとりの成長をサポートすることこそが、最大の責務と考えており、今後もそうした姿勢を実践するための制度を整備していきたいと考えています。現在、新入社員は配属前の約2カ月間をかけて集合研修に参加してもらい、配属後はそれぞれのレベルに合った育成計画を立てて遂行していきます。またスキルアップのためにOJTだけでなく、計画的な研修受講や外部セミナーへの参加も促しています。
BtoB向けクラウドサービス事業は競合も多く、群雄割拠の時代です。ITビジネスでは、日々、新たなサービスが生まれては消えていく――そんな厳しい世界です。しかしその一方で、ちょっとしたアイデアが大きな成功につながる可能性とチャンスのある分野でもあります。
私たちはパナソニックグループという強みを生かしながら、今後もますます事業拡大を図っていきます。あなたも一緒に、未知なる未来をつくっていきましょう。

取締役 人事担当 深澤 紀子