ファイル管理革命Liteとは?

あらゆる紙文書・電子ファイルを簡単ファイリング

「ファイル管理革命Lite」は、オフィスまたは家庭内に散在する膨大な紙文書および電子ファイルを簡単な操作で一括管理できるファイリングソフトです。ファイル形式は、TIFF、BMP、JPEGなどの画像ファイルはもちろん、Word、Excel、PowerPoint、PDFなどの文書ファイルにも対応しており、ビジネスシーンやプライベートシーンにおいてさまざまな用途で幅広くご活用いただけます。
「ファイル管理革命Lite」では使いやすさを重視し、ドラッグ&ドロップによる簡単なマウス操作でファイルの読み込みから整理整頓、閲覧、アプリケーション転送など、快適な操作性を実現しています。また、高度な検索機能により必要なファイルをすばやく探し出すことも可能です。

ファイル管理革命Liteの概要図

使いやすさを重視した画面レイアウト

シンプルでわかりやすい画面レイアウトと視覚的にも見やすいアイコンデザインで、初心者の方でも直感的な操作ですぐにご利用いただけます。

ファイル管理革命Liteのメイン画面

名称

説明

1 メニューバー

メニューを表示します。

2 標準ツールバー

使用頻度の高い機能をアイコンボタンで表示します。わかりやすいアイコンデザインで、初心者の方でも直感で操作が行えます。

3 検索ツールバー

簡易検索のツールバーを表示します。選択中のキャビネット、フォルダー内にあるファイルの「ファイル名」、「抽出されたテキスト」、「キーワード」を対象に検索を行います。

4 フォルダー表示エリア

キャビネットとフォルダーをツリー表示します。キャビネットは、文書ファイルや画像ファイルを管理する最も大きな単位です。ハードディスク内のフォルダーをキャビネットとして追加します。また、キャビネット内にフォルダー、サブフォルダーを登録することも可能です。

5 ファイル表示エリア

キャビネット、フォルダー内に読み込まれたファイルをサムネイル表示、またはリスト表示します。サムネイル表示では、見たいファイルがひと目でわかります。

6 テキスト表示エリア

ファイル表示エリアで選択したファイルのテキストを抽出し表示します。文書ファイルを選択した場合は、文書テキストを抽出して表示します。画像ファイルを選択した場合は、画像を文字認識(OCR処理)して抽出したテキストを表示します。

7 機能ツールバー

ビューアーボタン、アプリケーションボタン、読取革命連携ボタンが表示されます。ビューアーボタンでは、ファイルの内容をすばやく確認できます。また、アプリケーションボタン、読取革命連携ボタンでは、ファイルの内容を編集することができます。

8 転送先アプリバー

転送先アプリケーションで追加したアプリケーションのアイコンボタンが表示されます。(インストール時は表示されません。)転送先アプリケーションを設定することにより、読み込んだファイルを他のアプリケーションに転送することができます。

9 ステータスバー

カーソルがメニューやツールバーのボタン上にあるとき、メニューやツールバーのボタンの意味を表示します。ファイル選択時は、ファイルの情報を表示します。

特長

製品版「ファイル管理革命」では機能面・操作性がさらにパワーアップ!

画像ファイルをWord、Excel、PowerPoint、PDF形式の文書ファイルにワンクリックで簡単変換できる「ファイル変換機能」をはじめ、快適かつ効率的なファイル管理をサポートする便利機能を多数搭載しています。

※ 製品版「ファイル管理革命」は、Windows 8 / 7 / Vistaには対応していません。

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。