整理する

キャビネットとフォルダーによるファイリング

パソコン上のフォルダーをキャビネットとして追加し、用途に応じて複数のキャビネットを管理することができます。キャビネットは、ファイリングを行ううえでもっとも大きな単位です。キャビネット内ではフォルダーを作成し、より細かい単位でファイリングを行うことが可能です。なお、管理できるファイル数は、30,000ファイルまでとなります。

フォルダー表示エリア(キャビネットとフォルダー)

手軽な操作で簡単ファイリング

ファイルの読み込みから整理整頓まで、ドラッグ&ドロップのマウス操作で簡単にファイリングが行えます。

別のキャビネットやフォルダーへ整理整頓

バインダー感覚でより実用的なファイリング

複数のファイルをバインダーとして1つにとじることでサムネイルを見やすく整理することができます。バインダーは、ファイル形式が異なる場合でもとじることができるため、例えば、会議に必要な文書ファイルと画像ファイルを一緒に管理するなど、バインダー感覚でより実用的かつ戦略的なファイリングを実現できます。

関連ファイルをコンパクトにファイリング

ドラッグによるバインダー作成

バインダーにとじたいファイルをドラッグで重ねるだけで、簡単にバインダー作成が可能!

バインダー作成

ダブルクリックによるバインダー解除

クリップのアイコン上をダブルクリックすることで、簡単にバインダー解除が可能!

バインダー解除

バインダーの並び替え

バインダーにとじたファイルの順番を並び替えることが可能!

ファイルの並び替え

バインダーにとじたファイルを確認

三角アイコンをクリックすることで、バインダーにとじたファイルの切り替えが可能!

ファイルの切り替え

製品版「ファイル管理革命」では機能面・操作性がさらにパワーアップ!

画像ファイルをWord、Excel、PowerPoint、PDF形式の文書ファイルにワンクリックで簡単変換できる「ファイル変換機能」をはじめ、快適かつ効率的なファイル管理をサポートする便利機能を多数搭載しています。

※ 製品版「ファイル管理革命」は、Windows 8 / 7 / Vistaには対応していません。

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。