編集する

アプリケーションでファイル編集

「ファイル管理革命Lite」に読み込まれたファイルは、関連付けられているアプリケーションで開き、内容の編集を行うことができます。編集された内容は、「ファイル管理革命Lite」のサムネイルとテキストに自動的に反映されます。
また、転送先アプリケーションの設定を行うことで、ファイルに関連付けられていないアプリケーションでもファイルを開くことができます。

ファイル管理革命Lite(メイン画面) ⇔ Word

1 関連アプリケーションで編集

関連付けられているアプリケーションのアイコンが表示され、クリックもしくはサムネイルのドラッグ&ドロップで起動可能!

機能ツールバー(アプリボタン)

2 他のアプリケーションで編集

転送したいアプリケーションの追加/変更/削除を自由にカスタマイズ![転送先アプリバー]のアイコンより起動可能!

転送先アプリバー(ペイントボタン)

読取革命との連携で高度なテキスト編集を実現

「ファイル管理革命Lite」の文字認識機能(OCR処理)によって抽出されたテキストは、スキャナーに同梱の「読取革命Lite」または製品版「読取革命」と連携することによって、その内容を編集し「ファイル管理革命Lite」のテキスト表示エリアに反映させることができます。

ファイル管理革命Lite(メイン画面) ⇔ 読取革命Lite

1 読取革命との連携

「読取革命Lite」または製品版「読取革命」のアイコンが表示され、クリックもしくはサムネイルのドラッグ&ドロップで起動可能!

機能ツールバー(読取革命ボタン)

読取革命の詳細情報

製品版「読取革命」では、より高精度な文字認識機能(OCR処理)によって、一層充実したテキスト編集をご利用いただけます。

※ 読取革命連携を行うには、「読取革命Lite」または製品版「読取革命」がインストールされている必要があります。
読取革命連携の対応バージョンは、「読取革命Lite(Ver.1.02)」以上、製品版「読取革命Ver.9(Ver.9.01)」以上となります。

製品版「ファイル管理革命」では機能面・操作性がさらにパワーアップ!

画像ファイルをWord、Excel、PowerPoint、PDF形式の文書ファイルにワンクリックで簡単変換できる「ファイル変換機能」をはじめ、快適かつ効率的なファイル管理をサポートする便利機能を多数搭載しています。

※ 製品版「ファイル管理革命」は、Windows 8 / 7 / Vistaには対応していません。

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。