簡単読み込み機能

用途に応じてデータベース作成

「はがき交遊録」で作成した住所録データは、データベースとしてファイリングされます。
データベースは、複数作成することができるため、仕事用・プライベート用などの用途に応じて使い分けることができます。

住所録データを手軽にインポート

はがき作成ソフトや表計算ソフトなどの他のアプリケーションから書き出した住所録データを「はがき交遊録」へインポートすることにより、差出人の氏名・住所・電話番号などのデータを手間なく簡単に登録することができます。
「はがき交遊録」を初めて使用される場合は、あらかじめ住所録データをご用意していただき、インポートされることをおすすめします。

住所録データのインポート

はがきを簡単読み込み

ウィザード形式の画面案内に従って、初めての方でも簡単にはがき画像の読み込みを行うことができます。

ステップ1.はがきの読み込み方法、ステップ2.はがきの置き方、ステップ3.はがきの読み込む面

■ スキャナーからの読み込み

「ステップ1.はがきの読み込み方法」の設定で「スキャナー※1」を選択し、「ステップ3.はがきの読み込む面」の設定で「両面」を選択した場合、はがきを文面から宛名面へ裏返すことで両面を読み込むことができます。

※1 マルチスキャン(複数枚の原稿を一度にスキャンできる機能)や、ADF(自動原稿給紙装置)読み込みには対応していません。

スキャナーからの読み込み

■ 画像ファイルからの読み込み

「ステップ1.はがきの読み込み方法」の設定で「ファイル」を選択した場合、画像ファイルからはがき画像を読み込むことができます。

画像ファイルからの読み込み

便利な自動振り分け機能

スキャナーまたは画像ファイルから読み込まれたはがき画像は、差出人の氏名が自動的に文字認識※1(OCR処理)され、該当する差出人データへ振り分けられます。その際、事前に差出人データが「はがき交遊録」に登録されている必要があります。
また、自動振り分け機能で振り分けることができなかったはがき画像は、「未確定フォルダー」へ振り分けられます。

※1 搭載されているOCRエンジンは活字書体専用のため、手書き文字の認識には対応していません。

自動振り分け機能

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。