ニュースリリース・トピックス

News Release 2010年3月23日

世界初 フルデジタル溶接電源"融合型"ロボット

Active TAWERS を発売

TAWERS が TAWERS を超える

Active TAWERS(別ウィンドウが開きます)

(約45KB)

新製品

パナソニック溶接システム株式会社は、ご好評頂いているTAWERSシリーズの進化型として、ワイヤ送給を高精度制御することで大幅なスパッタ低減を実現した Active TAWERS を4月15日より発売します。

品名

Active TAWERS

希望小売価格(税別)

オープン価格

工場出荷予定日

2010年4月15日

月間生産台数

80台

本製品は、既に発売してますフルデジタル電源融合型ロボット「TAWERS」のトーチ先端にサ-ボプルモ-タを装備し、「TAWERS」独自の高速波形制御技術に加えてワイヤの高精度送給により、従来に比べ大幅な低スパッタ化を実現しました。

当社は、本製品で、溶接中やアークスタ-ト時のスパッタ発生を抑制し、スパッタ除去作業の低減を図るとともに、MAGガスから炭酸ガスへの切り替えもご提案させていただき、アーク溶接ロボット分野での高品質溶接とランニングコスト削減の両立を図り、「TAWERSシリーズ」の更なる普及を目指していきます。

特長

~ TAWERS が TAWERS を超える~

1.

ワイヤ送給の高精度制御(AWP制御)による大幅なスパッタ低減

2.

AWP制御によりア-クスタ-ト性能が向上、さらなる高品質化を実現

3.

炭酸ガス溶接での低スパッタ化によるランニングコスト低減を提案

問合せ

パナソニック溶接システム(株) 営業企画グループ 営業企画チーム  中田 知男
電話 06-6866-8556(直通)
ホームページ URL http://www.panasonic.com/jp/company/pws.html

【開発の背景】

アーク溶接ロボットの主力カスタマである自動車業界をはじめ、市場ではさらなる生産性の向上・高品位溶接・生産コスト低減が強く求め続けられています。このような中で、自動車の部品においてはスパッタの付着が近傍の部品と干渉することで不良品となるため付着スパッタを除去する余分な作業が課題でした。また、スパッタの発生抑制を目的とした混合ガス使用によるランニングコストアップも課題として残っています。

【特長】

1.

ワイヤ送給の高精度制御(AWP制御)による大幅なスパッタ低減

これまでのフルデジタル電源融合型ロボット「TAWERS」独自の高速波形制御に加え、トーチ先端にサ-ボプルモ-タを装備し、ワイヤを高精度に正逆送制御するAWP制御を開発しました。これにより、円滑に短絡開放することができ大幅なスパッタ低減を実現し、「TAWERS」による高品位溶接をさらに向上させました。

2.

AWP制御によりア-クスタ-ト性能が向上、さらなる高品質化を実現

AWP制御により円滑に短絡開放することで、ア-クスタ-トを安定化させることができ、スタート時におけるスパッタ発生量を大幅に低減することが可能になりました。また、ア-ク切れやビ-ド欠け等も抑制することが可能となり、アークスタ-ト性能が大幅に向上しました。

3.

炭酸ガス溶接での低スパッタ化によるランニングコスト低減を提案

MAG溶接にせまる炭酸ガス溶接での低スパッタ化実現により、これまでスパッタ低減のために混合ガスを使用していたお客様へ炭酸ガスへの切り替えることによるランニングコスト低減をご提案させていただきます。

なお、現在ご使用いただいておりますTAWERSにつきましても、Activeユニット追加およびソフトウエアの更新をしていただくことで、Active TAWERSとしてご使用いただけます。

【需要動向】

※下記台数はアーク溶接ロボット計

2007年度実績
(前々年度実績)

2008年度実績
(前年度実績)

2009年度
(当年度見込み)

2010年度
(来年度見込み)

14,422台

12,795台

6,700台

8,000台

(2007年度、2008年度実績は、日本ロボット工業会データを引用、見込みは当社予想) 

【定格仕様】

品名

Active TAWERS

適用ワイヤ

軟鋼、SUS

適用ワイヤ径

0.9mm、1.0mm、1.2mm

適用ロボット

TA-1000WG、TA-1400WG、TA-1600WG、TA-1800WG

【用語解説】

AWP制御(Active Wire Feed Process)
溶接ワイヤを正逆送制御し、短絡開放を円滑に行う送給制御方法。

以上