ニュースリリース・トピックス

News Release 2011年4月11日

フルデジタル溶接機

フルデジタル直流TIG溶接機 200BL3を発売

フルデジタル・ポータブル

(約50KB)

新製品

パナソニック溶接システム株式会社は、ご好評頂いている当社フルデジタル溶接機の最新機種として、フルデジタル直流TIG溶接機YE-200BL3を5月10日より発売します。

品名

フルデジタル直流TIG溶接機 200BL3

品番

YE-200BL3

希望小売価格(税別)

357,000円

工場出荷予定日

2011年5月10日

月間生産台数

80台

本製品は、業界初の新薄型デザイン(アタッシュケース構造)を採用し、出張工事等での移動負担を軽減します。さらに、フルデジタル制御により高機能かつ簡単設定を実現しました。

当社は、本製品で「フルデジタル・ポータブル」をコンセプトに、「高機能(フルデジタル)+新薄型デザイン(ポータブル)」を実現し、ポータブルタイプTIG溶接機の最新機種として、幅広い溶接シーンでの高品質溶接の実現と、フルデジタル溶接機の更なる普及を目指していきます。

特長

1.

「新薄型デザイン」採用により、移動負担を軽減

2.

「フルデジタル制御」による簡単設定、操作性が向上

3.

「溶接条件の記憶/再生機能」・「パルスモード」搭載により、適用範囲が拡大

問合せ

パナソニック溶接システム(株) 営業企画グループ 営業企画チーム  中野 文三
電話 06-6866-8556(直通)
ホームページ URL http://www.panasonic.com/jp/company/pws.html

【開発の背景】

近年、市場では溶接構造体に様々な金属が使用されるようになり、多岐に渡る金属での溶接品質向上と作業効率の改善が強く求められています。また、出張工事現場での高機能化及び移動負担軽減が求められています。このような中で、市場では、ポータブルタイプの溶接機において、多様化するワーク材質・継手に対応することができるよう、さらに高機能・高性能な溶接機が強く求められています。

【特長】

1.

「新薄型デザイン」採用により、移動負担を軽減

業界初の新薄型デザイン(アタッシュケース構造)を採用した新構造により、溶接機の持ち運びをより自然な体勢で行うことが可能となります。さらに、狭い場所での移動も新薄型デザインが威力を発揮し、機動性が向上しました。また、省スペース設計により、今まで不可能であった狭い場所への設置が可能となり、作業スペースの確保が容易になるとともに作業性も向上しました。

2.

「フルデジタル制御」による簡単設定、操作性が向上

ポータブルタイプの溶接機に「フルデジタル制御」を搭載することにより、よりきめ細かい溶接電流設定や、機能の詳細を簡単に設定することが可能となりました。フルデジタルの特長である「溶接条件の再現性」も継承していますので、ワークが頻繁に変わる出張工事現場でも、簡単に溶接条件を再現することが可能です。

3.

「溶接条件の記憶/再生機能」・「パルスモード」搭載により、適用範囲が拡大

「溶接条件の記憶/再生機能」搭載により、簡単操作で溶接条件の記憶、再生が可能となりました。また「パルスモード」搭載により、さらに幅広い溶接シーンでご使用いただけます。初心者から熟練者まで、簡単操作で使い勝手の良さを追求しました。

【需要動向】

※下記台数はアーク汎用機計

2009年度実績
(前々年度実績)

2010年度実績
(前年度実績)

2011年度
(当年度見込み)

2012年度
(来年度見込み)

37,770台

56,000台

67,000台

80,000台

(2009年度実績は、経済産業省データを引用、見込みは当社予想)

【定格仕様】

品番

YE-200BL3

定格入力電圧・相数

AC200/220V 単相

周波数

50/60Hz 共用

出力電流

TIG:5A~200A 手溶接:5~150A

外形寸法(幅×奥行×高さ)

95×420×295(突起部含まず)

本体質量

9kg(電源コード含まず)

以上