ニュースリリース・トピックス

News Release 2013年4月10日

フルデジタルシリーズ

フルデジタル パルスMAG/MIG溶接機 200GT3を発売

ブレージング対応!超高張力鋼に威力を発揮

(約40KB)

新製品

パナソニック溶接システム株式会社は、ご好評頂いている当社フルデジタル パルスMAG/MIG溶接機の新たなラインナップとして、フルデジタル パルスMAG/MIG溶接機「200GT3」を5月14日より発売します。

品名

フルデジタル パルスMAG/MIG溶接機 200GT3

品番

YD-200GT3

希望小売価格(税別)

オープン価格

工場出荷予定日

2013年5月14日

月間生産台数

20台

本製品は、既に発売しておりますフルデジタル パルスMAG/MIG溶接機「400GT3」で実現した「簡単な操作性」と「GTパルス制御」※1による高い溶接性能をそのままに、細径ワイヤ(φ0.8特性)およびブレージング※2(MIGブレージング/パルスMIGブレージング)を新たに標準搭載し、幅広い溶接シーンでの高品位溶接を実現しました。

当社は、今後益々高度化する「モノづくり」に貢献できるフルデジタル溶接機のラインナップ拡充を図り、様々な場面での高品位溶接とフルデジタル溶接機のさらなる普及を目指してまいります。

特長

1.

ブレージングを新たに加え、多彩な溶接法に対応

2.

アークの安定性向上とスパッタの低減を実現する「GTパルス制御」を搭載

3.

溶接現場の作業を安全・快適にする小型軽量の可動式ワイヤ送給装置を採用

問合せ

パナソニック溶接システム(株) 営業企画グループ 営業企画チーム  菊地 成享
電話 06-6866-8556(直通)
ホームページ URL http://www.panasonic.com/jp/company/pws.html

【開発の背景】

近年の自動車業界では、燃費性能と衝突安全性能を向上するため、「軽量化」と「車体強度の向上」が求められています。自動車メーカーはこれらの課題を克服する手段として高張力鋼や超高張力鋼の採用を加速しております。同時に自動車整備工程では、高張力鋼や超高張力鋼の強度を維持するために自動車メーカー各社の指定通りに溶接施工することが求められています。フルデジタル溶接機の高い溶接性能と多彩な溶接法を標準搭載した本製品で、高度化するお客様の「モノづくり」に大きく貢献いたします。

【特長】

1.

ブレージングを新たに加え、多彩な溶接法に対応

本製品は、既に発売しております「400GT3」に標準搭載されているCO2/MAG/MIG、パルスMAG/MIG溶接法に、新たに高張力鋼、超高張力鋼を使用した自動車の補修溶接等に適したブレージング(MIGブレージング/パルスMIGブレージング)を加えました。ブレージングは各自動車メーカーの指定溶接法の一つであり、溶接しても車体の強度を維持できることが特長となっております。これらの多彩な溶接法を搭載し、幅広い溶接シーンでの高品位溶接を実現しました。

2.

アークの安定性向上とスパッタの低減を実現する「GTパルス制御」を搭載

本製品は「400GT3」でご好評頂いている「GTパルス制御」を搭載しました。これにより、溶接技術者の熟練度や、その他、変化する要因(手振れ等)に合わせて自動的に制御を行い、安定したアークとアンダーカットの抑制、さらなるスパッタの低減を実現しました。

3.

溶接現場の作業を安全・快適にする小型軽量の可動式ワイヤ送給装置を採用

自動車整備工程で発生する溶接では、整備箇所に応じて広範囲に溶接施工する必要があります。本製品は小型軽量で可動式のワイヤ送給装置を採用し、溶接電源を据付けた状態で、ワイヤ送給装置のみ移動させることができます。これにより溶接電源の移動にともなう感電、断線などによる不安全リスクを低減することができます。また、フルカバー構造を採用し、ワイヤにほこり等が付着することを防ぎます。さらにエンコーダー搭載の高性能モーターを採用し、安定したワイヤ送給も可能となります。この安定したワイヤ送給により、溶接現場の外乱にも影響されない高品位溶接を実現しました。

【需要動向】

※下記台数はアーク汎用機計

2011年度実績
(前々年度実績)

2012年度実績
(前年度見込み)

2013年度
(当年度見込み)

2014年度
(翌年度見込み)

90,693台

95,000台

105,000台

115,000台

(2011度実績は、経済産業省データを引用、見込みは当社予想)

【定格仕様】

品番

YD-200GT3

定格入力電圧・相数

AC 200 V/220 V 三相

周波数

50/60Hz 共用

定格入力

10.2 kVA ( 8.6 kW)

出力電流

DC 30 A ~ 200 A

出力電圧

DC 12 V ~ 25 V

外形寸法(幅×奥行×高さ)

380×530×640(mm)

質量

54kg

【用語解説】

※1:GTパルス制御
従来機のパルス制御3モード(ハイブリッドパルス制御・ソフトパルス制御・ハードパルス制御)の利点を1つに集約し、デジタル演算要素を加えたパルス制御方式。溶接中の出力変化をCPU(中央演算装置)がすばやく検知し、溶接技術者の熟練度や、その他、変化する要因(手振れ等)に合わせて、3種類の応答性(高速応答・低速応答・遅延応答)を自動的に使い分け、手振れの補正とアンダーカットの抑制、さらなるスパッタの低減を実現する制御方式。

※2:ブレージング
ブレーズワイヤを用いる接合方法。ワイヤ自身の融点が低い(約 900~1000 ℃)ため、母材を溶融することなく、ワイヤ成分が継手の隙間に浸透することにより接合する方法。母材溶融がほとんど無いため、母材の材質変化や熱変形の少ないことが特徴。

以上