雑誌広告

企業広告を中心に、パナソニックの最新の雑誌広告をご紹介します。

※ 広告の内容は掲載当時のものです。記載されている名称、データなど、現在は異なる場合があります。

2016年11月掲載

『スタジアムの観客に、新たな驚きと興奮を。映像と音響の一元管理で、スポーツ観戦を変える。』

最新の4Kカメラなどで捉えた迫力あるプレー映像をその場で編集し、11台の大型ビジョンや場内ディスプレイ、観客のスマートフォンへ配信。エンターテインメント性あふれる、ダイナミックな演出を実現します。

関連情報

2016年9月掲載

『光に情報をのせて、段差のないルートをナビ。日本の移動は進化する。』

LEDの光で情報を届ける「光ID」と段差のないルートをご案内する「バリアフリーナビ」で、海外の方でも、車いすの方でも、移動しやすい空間づくりに貢献していきます。

関連情報

2016年9月掲載

『猛暑が当たり前になったこの国に、暑さをしのぐ、涼のオアシスを。』

昨年夏、東京では35℃を越える猛暑日の連続記録を更新。冷却効果のあるミストなどを搭載した、新発想の屋外エアコンで、2020年に向けて課題となっている夏の暑さ対策に貢献します。

関連情報

2016年8月掲載

『例えば世界記録の映像とライブで競い合う。データ解析で、スポーツ中継が熱くなる。』

2020年の成功は、スポーツ市場の活性化が欠かせない。スピードや心拍数など、選手のさまざまなデータをリアルタイムで算出する解析技術が、スポーツ中継のあたらしい演出や育成の可能性をひろげていく。

関連情報

2016年7月掲載

『2020年、様々な都市空間で、日本の空気は進化する。』

山手線の新型車量をはじめ、自動車やホテルなど、生まれ変わって いく日本の街を、快適・清潔な空間へ。パナソニックの「ナノイー」 技術が貢献していく。

関連情報

2016年6月掲載

『エコと便利の両輪で走る、2020年の交通インフラをつくろう。』

これからの日本を動かす公共交通機関づくりへ。パナソニックの技術が、電動アシスト自転車&バッテリーシェアという街のあたらしいインフラづくりに貢献する。

関連情報

2016年2月掲載

『高齢化に直面するダム。その維持管理をロボティクス技術で革新。』

老朽化するダムの保全に不可欠な水中での点検作業。その効率化にパナソニック の先端技術が果敢に挑んだ。

関連情報

2016年1月掲載

『世界中におしよせる440億TBのデータの波に、 光ディスクという選択。』

爆発的に増大するアーカイブデータの管理に。
約100年保存、高信頼性の光ディスク技術が貢献します。

関連情報

2015年10月掲載

『ありふれた毎日に、4K技術のセキュリティでさらなる安心を。』

パナソニックは、4K技術の鮮明な映像で、くらしの様々なシーンの安全・安心を見守ります。

関連情報

2015年10月掲載

『水と太陽の光でつくる「水素」を、豊かな未来のエネルギーに。』

パナソニックの「水素」エネルギー技術が、クリーンな未来のくらしをつくっていく。

関連情報

2015年3月掲載

2020年までの6年間、過酷なミッションを支える電池。

2014年12月2日13時22分04秒。種子島宇宙センターからの打ち上げに成功した「はやぶさ2」。そこにはたくさんの夢とともに、パナソニックの電池が搭載されていました。

関連情報

2015年2月掲載

あなたに似合うコーディネートは、街の光が教えてくれる。

「この服、私の持ってる、あのバッグと合わせたらどんな感じかな」。
街角のショウウィンドウの前などで、ふとあなたが求めたその先の情報と、すぐにつながる。そんな情報との新しい関係を提案するのがパナソニックの「光ID」技術。

関連情報

2014年12月掲載

世界遺産プランバナンに刻まれた美と伝統を次世代に伝えるあかり。

12月17日、壁面に刻まれた叙事詩ラーマーヤナの物語が、鮮やかに照らし出された瞬間、歓声があがりました。

関連情報

2014年10月掲載

自然よりも、野菜に快適な家。

猛暑や長雨、暴風雨。自然は、農作物にとって、常に最適の環境ではありません。天候に左右されない安定した収穫。そんな農業にとって大きなテーマに挑んだのが「農業環境ソリューション」です。

関連情報

2014年9月掲載

ほしいときに、ほしい場所で。コンシェルジュ物流はじまる。

深夜でも早朝でも、宅配の荷物を受け取りたい。移動中スマホで購入した商品を、出先に届けて欲しい。そんな宅配便へのご要望にこたえるあたらしいサービスが、パナソニックの技術からはじまります。

関連情報

2014年8月掲載

照明と映像の融合が空間の新しい可能性に光をあてました。

照明の配線ダクトがあれば、どこにでも取り付けられる、一見スポットライトのようなその機器から、空間演出の新しい可能性が拡がろうとしています。

関連情報

2014年7月掲載

働く人を支える「力」になる。

ロボットを体に装着し、筋力を機械的にサポートする。まるでSF映画のようなパナソニックの「パワーアシスト技術」。

関連情報

2014年6月掲載

食品を冷やすことが地球をあたためることであってはいけない。

24時間365日、休むことなく稼動し続ける冷凍機のエコは、スーパーやコンビニにとって重要な課題のひとつ。そんななか、全国で導入が進んでいるのが「ノンフロン冷凍機システムです。

関連情報

2014年5月掲載

好奇心を大きくする、虫眼鏡みたいなビデオカメラ。

「見て!なんだろうこれ?」。子ども達を夢中にさせているのは虫眼鏡型ビデオカメラ「ぼうけんくん」。教室の中で、外で、児童達の新しい発見を応援する学習機器です。

関連情報