| 本大会について |

ゴルフを、もっと「オープン」に。

男女同時開催が魅力のパナソニックオープン

2016年リオデジャネイロ大会より、112年ぶりにオリンピック競技に復活したゴルフ。ワールドワイドパートナーとして25年以上にわたりオリンピックをサポートし続けるパナソニックは、新時代を迎えるゴルフ競技の発展に貢献するために2016年にパナソニックオープンを再始動※1させました。従来の男子大会に加え、新たに女子の大会としてLPGA ステップ・アップ・ツアーの一戦を併設し、オリンピアンを目指すゴルファーを男女共に支援する枠組みへと生まれ変わりました。

アジアの男子トップ・プロゴルファーが参戦する「パナソニックオープン ゴルフチャンピオンシップ2017」は、2017年4月20日(木)~23日(日)の4日間、パナソニック株式会社の主催、一般社団法人日本ゴルフツアー機構の共催で、千葉県野田市の千葉カントリークラブ・梅郷コースにて開催されます。本大会は日本ゴルフツアー機構とアジアンツアー、各々の賞金加算対象競技となっており、国内およびアジア各国から出場する一流選手が技の競演を繰り広げます。2016年大会では、地元千葉県出身の池田勇太プロがパナソニックオープンを初制覇。リオデジャネイロオリンピックでも日の丸を背負い、トータル3アンダーの21位と奮闘しました。

同時開催の「LPGA ステップ・アップ・ツアー パナソニックオープンレディース」は、2017年4月19日(水)~21日(金)の3日間、一般社団法人日本女子プロゴルフ協会の主催、パナソニック株式会社の共催で千葉カントリークラブ・野田コースにて開催されます。ステップ・アップ・ツアーは、プロテスト合格者でLPGA入会後2年以内の選手やレギュラーツアーに出場資格を持たない選手等が参加いたします。日本で初めて「林間コース」と呼ばれた名門コースでの実戦は、女子ゴルファーのレベルアップや、2020年東京オリンピックを目指すニューヒロインの誕生も期待されます。

アジア各国の男女選手がしのぎを削る、夢への扉・パナソニックオープン。

パナソニックは、戦いに挑むゴルファーたちを男女ともに応援していきます。

※1 パナソニック株式会社は2008年から2013年まで、「アジア・パシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン」をアジア太平洋ゴルフ連盟と公益財団法人日本ゴルフ協会とともに主催いたしました。

パナソニックオープン歴代優勝者

パナソニックオープン2016
第7回 優勝

池田 勇太 選手

2016年のパナソニックオープンは、地元千葉県出身の池田勇太選手が栄冠を手にしました。この年のシーズン初勝利を飾った池田選手は、「地元千葉で優勝できて嬉しい。今回アジアンツアーの選手も多く参加していたが、海外選手とプレーができて非常に刺激を受けた。これからも切磋琢磨してアジア全体のゴルフ界を盛り上げていきたい」と力強く語りました。

写真:第1回 優勝 谷原 秀人

第1回 優勝 谷原 秀人

写真:第2回 優勝 丸山 大輔

第2回 優勝 丸山 大輔

写真:第3回 優勝 B・ジョーンズ

第3回 優勝 B・ジョーンズ

写真:第4回 優勝 平塚 哲二

第4回 優勝 平塚 哲二

写真:第5回 優勝 小林 正則

第5回 優勝 小林 正則

写真:第6回 優勝 川村 昌弘

第6回 優勝 川村 昌弘

日本で開催される「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ」に関連して、タイ、インドネシア、インド、マレーシアのアジア4か国でゴルフトーナメントを開催しています。この4大会で最上位となった開催国出身選手を、次の「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ」に招待しています。今年も、アジア各国の選手が千葉カントリークラブに集結し、熱い戦いを繰り広げます。

Road to Panasonic OPEN アジアシリーズのご紹介

<インドネシア>
Ciputra Golfpreneur Tournament presented by Panasonic

写真:<インドネシア> Ciputra Golfpreneur Tournament presented by Panasonic

開催日:
2016年8月24日から8月27日
開催場所:
インドネシア/ダマイ・インダ・ゴルフ BSDコース
優勝者:
オスカル・ゼッターウォール(スウェーデン)
日本大会への招待選手:
ダニー・マスリン

<タイ>
Shingha Panasonic All Thailand Championship

写真:<タイ> Shingha Panasonic All Thailand Championship

開催日:
2016年9月8日から9月11日
開催場所:
タイ/レムチャバンインターナショナルカントリークラブ
優勝者:
タンヤゴーン・クロンパ(タイ)
日本大会への招待選手:
ウドーン・デュアングデチャ

<インド>
Panasonic OPEN India 2016

写真:<インド> Panasonic Open India 2016

開催日:
2016年12月1日から12月4日
開催場所:
インド/デリー・ゴルフ・クラブ
優勝者:
ムケシュ・クマー(インド)
日本大会への招待選手:
ムケシュ・クマー

<マレーシア>
PGM Panasonic Malaysia Championship

写真:<マレーシア> PGM Panasonic Malaysia Championship

開催日:
2017年2月15日から2月18日
開催場所:
マレーシア/ケラブ・ラーマン・プトラ・マレーシア
優勝者:
ブレット・マンソン(アメリカ)
日本大会への招待選手:
スクリー・オスマン

※アジアシリーズは、開催国の国籍を持つ最上位選手が次の年のパナソニックオープン日本大会への招待選手となります。タイ大会の優勝者クロンパ選手はタイ国籍ですが、アジアンツアーの有資格者のため、デュアングデチャ選手が招待選手となりました。招待選手は日本大会への出場権を獲得しましたが、都合により出場しない場合もございます。ご了承ください。