企業スポーツ活動

パナソニックは、スポーツファンの皆さまと “感動” をわかち合えるチームづくりに力を注いでいます。

パナソニック スポーツは、『強いパナソニック』を目指し、果敢にチャレンジをしつづけます。また、各チームの所属する選手と子どもたちがスポーツを楽しみながら次世代育成や普及活動を行うなど、スポーツを通じて地域社会との交流を深め、スポーツ文化の輪を広げます。次世代アスリートの成長を夢見て、子どもたちとともに『スポーツの楽しさ』や『夢』を共有しながら、輝かしい未来の創造に貢献しつづけています。

野球

パナソニック 野球部

創部は1950年。『社会人野球日本選手権大会』には第1回大会から出場し、2000年 第27回大会で初優勝。5年後の2005年 第32回大会において2度目の優勝を飾り、準優勝2回、ベスト4、ベスト8入賞の実績をもつ。また、『都市対抗野球大会』では準優勝1回、ベスト4、ベスト8入賞等、社会人野球で人気を博している2大大会において、数々の好成績をおさめている。2009年には、43年ぶり史上2チーム目となるJABA(日本野球連盟)3大会優勝を達成。また、パナソニック野球部から、プロ野球や日本代表にも、数多くの選手を輩出している。

バレーボール

パナソニック パンサーズ

創部は1951年。1956年『全日本総合男子選手権大会』初優勝。1964年『都市対抗大会』、『全日本総合男子選手権大会』、『国体』、『全日本実業団選手権大会』と、国内4大タイトルを独占。2006年チーム名を“パナソニック パンサーズ”に改名。『V・プレミアリーグ』では、優勝5回、準優勝6回。『黒鷲旗』では、優勝12回、準優勝11回。『天皇杯』では、優勝3回、準優勝2回(2007年以降)。2010年、史上初『天皇杯』、『V・プレミアリーグ』、『黒鷲旗』3冠を達成し、2年後の2012年に再び国内タイトル3冠を果たした。また、2013年にはクラブチームの各大陸王者が集い、世界一を決める名誉ある大会『世界クラブ選手権大会』にも出場を果たす。 獲物を狙う”豹”のように精悍で敏捷なプレーがモットー。

ラグビー

パナソニック ワイルドナイツ

創部は1960年。群馬県を拠点に活動を開始。関東社会人リーグ、東日本社会人リーグで数多くの優勝を重ねたのち、 2003年のジャパンラグビートップリーグ設立元年には、チーム名を「ワイルドナイツ」と命名。2007年度〜2009年度における『日本ラグビーフットボール選手権大会』3連覇、 2010年度には『トップリーグ』でも優勝を果たしている。2011年4月1日、三洋電機ワイルドナイツから“パナソニック ワイルドナイツ”に名称を変更し、2013年度は両大会で優勝を果たして2冠を達成し、2014年度は『トップリーグ』2連覇と、日本ラグビー界のトップチームとして活躍。また、日本代表にも数多くの選手を輩出している。

スペシャルサイト

Panasonic Sports

スポーツには感動がいっぱい。スペシャルサイトには、パナソニックの野球・バレーボール・ラグビーの試合情報、選手紹介をはじめ、活動レポート、フォトギャラリー、掲示板など、ファン必見の情報が盛りだくさん。