「電池教室&野球教室」 in パナソニック ベースボールスタジアム 開催報告!

パナソニックキッズスクール
パナソニック野球部

12月25日、当社とパナソニック野球部は、「電池教室&野球教室」をパナソニック ベースボールスタジアム(枚方市)で開催しました。学校の終業式と重なり来られなかった参加者がいる中、約80名の小学生の球児と父兄・監督・コーチの合計120名に参加して頂きました。

【第1部】 手づくり乾電池教室

第1部、第2部は、室内練習場にて実施しました。

まずは、「何の日?」のクイズからスタート。電池全般をさす「BATTERY」と野球の投手・捕手の「バッテリー」の語源が同じ事から、そのポジション番号「1」・「2」にちなんで12月12日を「バッテリーの日」。漢字の11が「+-(プラス・マイナス)」となることから、11月11日は「電池の日」。このバッテリーつながりの紹介から授業がスタート。
次に、電池の基礎知識をクイズを交えながら学習しいろいろな実験も行いました。続いて世界にたったひとつだけのオリジナル乾電池の製作を体験してもらい沢山の明かりが灯り、大いに盛り上がりました。最後には、じゃんけん大会もあり勝者にはプレゼントが贈られ、参加記念品も手渡されました。

電池にチャレンジ! 電磁石実験
手づくり乾電池制作
手づくり乾電池制作
手づくり乾電池完成
手づくり乾電池完成
じゃんけん大会
最後にみんなでハイチーズ!!

【第2部】 スピードガン体験

パナソニック野球部の丸尾コーチ、近藤投手、三上捕手の3名が、普段体験できない「スピードガン体験」を実施してくれました。お手本を近藤投手にしていただきそのスピードはなんと143キロ。その速さに追いつけ!追い越せ!と参加者全員でチャレンジし、各学年のトップ賞には記念品が近藤投手から贈られました。参加者の中で一番早かったのは106キロを出した6年生でした。

講師のみなさん
(左から三上捕手、近藤投手、丸尾コーチ)
近藤投手のお手本 最高143キロ
スピードガンチャレンジ(3年生の部)
スピードガンチャレンジ(4年生の部)
トップ賞(5年生の部)
トップ賞(6年生の部)

【第3部】 野球教室

パナソニック野球部の監督・コーチ・スタッフ・選手の豪華メンバーによる野球教室がスタート。まず始めに、奥代監督から挨拶があり、グループに分かれて基本練習を中心に技術指導をやさしく丁寧に受けました。子ども達は始終目を輝かせ、野球のレッスンを受けました。最後には、松元新キャプテンから挨拶があり、引き続き、じゃんけん大会の勝者に記念品をプレゼント。選手から一人ひとりに記念品も手渡されました。

パナソニック野球部のみなさん
奥代監督の挨拶からスタート
パート別レッスン(ピッチャー編)
パート別レッスン(キャッチャー編)
内野手の守備練習
ティーバッティング練習
サイン会
最後にみんなでハイチーズ

参加頂いた生徒さんからは、「両方の教室を体験できて良かった。ためになった」「電池教室で作った電池の明かりが、今日のクリスマスの記念になった」「野球のコツを分かりやすく教えてもらった」「パナソニックの選手のように上手くなりたい」などの感想をいただきました。 
今年も全国で試合が実施されます。皆様の熱いご声援をどうぞよろしくお願いいたします。