夏休みイベント「そろばん教室&電池教室」 in 守口 開催報告!

パナソニックキッズスクール

当社は夏休みイベントとして、 8月4日にパナソニック(株)珠算部とコラボし「そろばん教室&電池教室」を開催。13組31名の親子に参加いただきました。

そろばん教室

パナソニック珠算部 監督の大内さんが特別講師となり、1玉と5玉の使い方、足し算と引き算の基礎学習から始め、1~6桁の見取り算に親子で真剣な表情で取り組みました。その後、「フラッシュ暗算」では10級の検定レベルの問題から、桁数や口数、秒数を「級」から「段」のレベルまで引き上げてチャレンジしてもらいました。最後まで正解した子供たちには、大内監督から認定書が手渡されました。また監督自らも模範演技として最上段の検定レベルの問題に挑戦。会場から大きな拍手と歓声が沸き上がりました。
教室の最後に、大内監督から「珠算を通して、計算を速く正確にする力や、集中力を身につけることができました。何事にも困難はありますが、継続することで自信につながりますので、あきらめず長く続けてほしい」と、子どもたちにエールが贈られました。

そろばんの使い方を説明
制限時間内に何問できるかな?
親子で競技問題にチャレンジ
フラッシュ暗算
挑戦者 VS 大内監督
大内監督と記念写真

電池教室

そろばん教室に引き続き、電池教室をスタート。はじめに、電池の生産拠点と海外の電池について、また新製品「エボルタネオ」やLEDのライト商品についての紹介を行いました。続いて、電池の学習では電池の歴史や種類について説明し、電池への理解を深めてもらいました。電池づくりでは、電池の構造やしくみを学びながら親子で楽しくチャレンジしてもらいました。参加者からは「親子で楽しく参加できました」「夏休みのいい思い出になりました」など、声が寄せられました。

海外の電池に関心
クイズ形式で電池の学習
こぼさないよう慎重に作業
炭素棒をまっすぐ缶の中へ
オリジナルのシールを貼って完成
豆電球が点灯し、大成功!