乾電池工場見学

オートメーションラインと試験室の様子をご案内

「アルカリ乾電池」の製造工程見学や、電池を作る体験など、普段できない魅力ある学習内容をご提供します。
小学3年生から6年生の理科・社会科の学習や総合学習などに関連付けていただき、“社会見学や校外学習” “発展授業”としてご活用ください。

工場見学者数100万人を達成

当社では、社会貢献活動の一環として1965年から「乾電池工場」の見学受入をスタート。50周年の節目で見学累計者数100万人を達成し、2015年11月19日に守口市立藤田小学校3年生63名を迎え、乾電池工場見学、手づくり乾電池教室と合わせて記念セレモニーを開催しました。

授業内容

120分で4つのコースをご案内しています。2クラスの場合、「電池の学習」「手づくり乾電池教室」を合同で実施した後、クラスに分かれて「アルカリ乾電池工場」と「エナジーワールド」を見学していただきます。

電池の学習(約20分間)

電池の歴史や種類、正しい使い方などについて、クイズ形式で学習!

手づくり乾電池教室(約45分間)

電池の仕組みや構造を学習しながら“マンガン乾電池”づくりにチャレンジ!

アルカリ乾電池工場見学(約30分間)

オートメーションで電池が出来上がる様子と、試験室の様子を見学!

エナジーワールド(約15分間)

パソコンゲームやバーチャル映像、ミニカーレースなど体験しながら楽しく学習!

自分でデザインしたラベルを張り付け、世界でたった1つのオリジナル乾電池が完成!