遠隔電池教室 授業内容

電池の学習

電池製作の前にまずは電池の勉強からスタート。スタジオの講師が画面を切り換え、資料画面を見ながら手元のパンフレットと照らし合わせながら勉強します。
じゃがいもを使って実験し、電池の原理を学んでもらいます。「じゃがいも実験」を担当する生徒さんは、インターネットを通して教えてくれる講師の話をしっかり聞きながら参加してくれます。

手づくり乾電池教室

電池のしくみ・構造・材料を学びながら、世界にひとつだけのオリジナル乾電池に挑戦。 作業の進捗状況を生徒さんに○かXかを手で作ってもらいレポーター役の生徒さんにその報告をしてもらいながら進めていきます。最近は日本だけでなく海外の小学校との遠隔授業も増えてきています。

最後に、自分でデザインしたラベルを張り付け、世界にひとつだけの手づくり乾電池の完成です。
部屋をまっ暗にして全員で点灯式!カウントダウンとともに、一斉にホタルのような明かりが部屋中にあふれて感動的な光景となります。

自分でデザインしたラベルを張り付け、世界にひとつだけのオリジナル乾電池が完成!