2007年9月3日

特殊マンガン乾電池の生産中止について

松下電池工業株式会社(社長:近藤正嗣 本社:大阪府守口市)は、この度通信用マンガン乾電池及び、写真用積層マンガン乾電池の生産を2008年2月末日で中止させていただくこととなりました

需要数の減少に加えてマンガン乾電池の原材料である亜鉛の価格高騰、生産設備の老朽化進行の中、ご要望にお応えすべく生産活動を続けて参りましたが、かかる諸事情により生産及び販売活動の継続が非常に困難な状況となっております。

つきましては下記の通り通信用、写真用マンガン乾電池の生産、販売を中止とさせていただきたくご案内申し上げます。 ご理解の程よろしくお願い致します。

対象商品

(1)写真用 特殊積層形マンガン乾電池

品番 0160W、0210

後継機種 電源としての後継機種はございませんが、
0160Wを使用するパナソニックストロボの後継機種は、PE‐60SGです。
0210を使用するパナソニックストロボは内部電源として単3乾電池の使用が可能です。

(2)通信用 特殊マンガン乾電池

品番 FM-3H、FM-3H×4
     FM-5H、FM-5H×4

後継機種 申し訳有りませんが、後継機種はございません。
(下記品番に関しまして三菱電機様で同等品がございます)

三菱電機様品番

松下品番

FM3H

FM-3H

FM5H

FM-5H

生産中止時期

生産中止:2008年2月末日

問合せ先

お客様ご相談センター 0120-878-365 (受付9時~20時)

以上

プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。